ホーム » Voice » 社会・教育

社会・教育

2019年02月20日

『ボヘミアン・ラプソディ』と『意志の勝利』 ロック、ファシズム、アイドルに通ずる意外な共通点

伊藤弘了(映画研究者)

『ボヘミアン・ラプソディ』と『意志の勝利』 ロック、ファシズム、アイドルに通ずる意外な共通点

伊藤弘了(映画研究者)

『ボヘミアン・ラプソディ』全国公開中/配給:20世紀フォックス映画/© 2018 Twentieth Century Fox 大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、多くのファンや観客を魅了した。しかし、気鋭の映画研究者・伊藤弘了...

2019年02月13日

フレディ・マーキュリーを「神話化」した?『ボヘミアン・ラプソディ』の劇的効果

伊藤弘了(映画研究者)

フレディ・マーキュリーを「神話化」した?『ボヘミアン・ラプソディ』の劇的効果

伊藤弘了(映画研究者)

『ボヘミアン・ラプソディ』全国公開中/配給:20世紀フォックス映画/© 2018 Twentieth Century Fox 伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカリストであるフレディ・マーキュリーの一生を描いた映画『ボヘミアン・...

2019年02月04日

テクノロジーで見出す少子高齢化からの成長

落合陽一(メディアアーテイスト)

テクノロジーで見出す少子高齢化からの成長

落合陽一(メディアアーテイスト)

写真:吉田和本 日本が直面している人口減少と高齢化の問題、そして身体障害の社会への受容を、いかにしてテック(デジタル・テクノロジー)で解決していくか。落合陽一氏が説く明日の戦略とは。 ※本稿は2018年11月1...

2019年01月09日

日大タックル事件と福知山線脱線事故は同じ構造?『軌道』著者が語る「失敗の本質」

松本創(ノンフィクションライター)

日大タックル事件と福知山線脱線事故は同じ構造?『軌道』著者が語る「失敗の本質」

松本創(ノンフィクションライター)

聞き手:編集部   「理」を貫いた一人の事故遺族 ――平成17年(2005年)4月25日朝、西日本旅客鉄道株式会社(以下JR西日本)の福知山線、塚口駅・尼崎駅間で起きた大規模脱線事故。死亡者は運転士を含む10...

2018年12月29日

吉見俊哉 文理の二刀流が未来をつくる

吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

吉見俊哉 文理の二刀流が未来をつくる

吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

※画像はイメージです AIに負けないための素養については、本サイト「吉見俊哉 AIは『日本100年の計』を設計できない」に詳しい。では、具体的にどのような教育改革を進めていくべきなのか。吉見俊哉氏が説く文理二刀流の...

2018年12月28日

吉見俊哉 AIは「日本100年の計」を設計できない

吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

吉見俊哉 AIは「日本100年の計」を設計できない

吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

※画像はイメージです デジタルテクノロジーの時代といわれる今般、AIは人間を凌駕するのか。AIに負けない人間とはどんな人物なのか。東京大学大学院情報学環の吉見俊哉教授が説く。 ※本稿は 『Voice』2019年1月号 、吉...

2018年12月27日

門田隆将 すべての罪はわが身にあり――その言葉を嘉浩は何度もくり返した

門田隆将(ノンフィクション作家)

門田隆将 すべての罪はわが身にあり――その言葉を嘉浩は何度もくり返した

門田隆将(ノンフィクション作家)

※本稿は、門田隆将著 『オウム死刑囚 魂の遍歴』(PHP研究所) より一部抜粋、編集したものです。   井上嘉浩との面会 2009年から2010年にかけて、私は、井上嘉浩と四度にわたって面会した。最高裁判...

2018年12月27日

門田隆将 井上嘉浩・炎天下のコンテナ監禁――4日間「断水断食」の地獄

門田隆将(ノンフィクション作家)

門田隆将 井上嘉浩・炎天下のコンテナ監禁――4日間「断水断食」の地獄

門田隆将(ノンフィクション作家)

※本稿は、門田隆将著 『オウム死刑囚 魂の遍歴』(PHP研究所) より一部抜粋、編集したものです。   「死」を意味する懲罰 8月初め、突然、麻原から電話が入り、怒鳴りつけられた。E子とのことが...

2018年12月26日

門田隆将 オウム死刑囚・井上嘉浩の5000枚の手記は何を語るのか

門田隆将(ノンフィクション作家)

門田隆将 オウム死刑囚・井上嘉浩の5000枚の手記は何を語るのか

門田隆将(ノンフィクション作家)

嘉浩が獄中で書いた手記(草稿)の一部。何度も書き直し、清書していった。清書したものだけでも、400字原稿用紙に換算して5000枚以上の防大な数にのぼる。 ※本稿は、門田隆将著 『オウム死刑囚 魂の遍歴』(PHP研究所) ...

2018年12月25日

千葉雅也&三浦瑠麗 政治以前の「欲望」をいかにすくうか

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

千葉雅也&三浦瑠麗 政治以前の「欲望」をいかにすくうか

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

写真:吉田和本 月刊誌『新潮45』休刊に至る一連の騒動については、本サイト 「千葉雅也&三浦瑠麗 『新潮45』杉田水脈論文に隠された本当の意味」 「千葉雅也&三浦瑠麗 「愛」と「性愛」は切り離せるか?『新潮45』LG...

2018年12月25日

「将棋でつるの剛士さんを倒したい」 乃木坂46・伊藤かりんの次なる目標

Voice編集部

「将棋でつるの剛士さんを倒したい」 乃木坂46・伊藤かりんの次なる目標

Voice編集部

聞き手:編集部 写真:永井浩 ※本稿は巻頭グラビア 『Voice』2019年1月号 「凛たる女性」より抜粋したものです。   一生続けられることが将棋の魅力 2017年の日本レコード大賞を受賞するなど、飛ぶ鳥...

2018年12月21日

岡田斗司夫「アイドル界に"身分制度"が誕生しつつある」

岡田斗司夫(社会評論家)

岡田斗司夫「アイドル界に"身分制度"が誕生しつつある」

岡田斗司夫(社会評論家)

(写真はイメージです) <<2028年はどんな世界になるのか? デジタル化と人工知能の成長が加速すると、私たち一般人に残された仕事はもはや「ない」と著者はいう。アイドルから経済、政治まで、おたく文化に通じた...

2018年12月19日

垣根涼介「信長は天才ではない」 直木賞候補作に込めた想い

垣根涼介(作家)

垣根涼介「信長は天才ではない」 直木賞候補作に込めた想い

垣根涼介(作家)

聞き手:編集部 写真:ホンゴユウジ   最初から天下をめざしていたか ―― 本書 『信長の原理』(KADOKAWA) は垣根さんにとって、2016年に発表されて直木賞候補になった 『室町無頼』(新潮社) 以来の...

2018年12月18日

「YouTuberは消滅する」 岡田斗司夫の衝撃予測

岡田斗司夫(社会評論家)

「YouTuberは消滅する」 岡田斗司夫の衝撃予測

岡田斗司夫(社会評論家)

<<アイドルから経済、政治まで、おたく文化に通じた社会評論家の岡田斗司夫氏。同氏は、自著『ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く』で、デジタル化と人工知能の成長が加速すると、2028年には私たち一般人...

2018年12月17日

千葉雅也&三浦瑠麗 「愛」と「性愛」は切り離せるか?『新潮45』LGBT騒動を振り返る

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

千葉雅也&三浦瑠麗 「愛」と「性愛」は切り離せるか?『新潮45』LGBT騒動を振り返る

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

写真:吉田和本 月刊誌『新潮45』を巡る騒動については、本サイト「 千葉雅也&三浦瑠麗 『新潮45』杉田水脈論文に隠された本当の意味 」に詳しい。一方、杉田論文の反論企画の一つである小川榮太郎氏の論考には、日...

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。