ホーム » Voice » 社会・教育

社会・教育

2020年01月16日

愛される夫は、妻と”共感型”の会話をする

黒川伊保子(脳科学・AI研究者)

愛される夫は、妻と”共感型”の会話をする

黒川伊保子(脳科学・AI研究者)

写真:吉田和本 脳科学の分野から、”夫”と”妻”の脳の構造の違いを説き、大ベストセラーになった『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』。今回は、著者・黒川伊保子さんに、妻をイライラさせる夫の行動...

2020年01月15日

人間の一人ひとりに尊厳がある――外国人労働者と向き合う孤独な蕎麦職人。藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)

人間の一人ひとりに尊厳がある――外国人労働者と向き合う孤独な蕎麦職人。藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)

写真:吉田和本 2020年1月17日(金)より、映画『コンプリシティ/優しい共犯』(監督:近浦啓)が全国で順次公開される。外国人労働者とその周りの人物の「生きづらさ」を描いた本作は、2018年・第19回東京フィルメックス...

2020年01月13日

孤独な”疑似親子”が見た夢――映画『コンプリシティ』藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)

孤独な”疑似親子”が見た夢――映画『コンプリシティ』藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)

写真:吉田和本 2020年1月17日(金)より、映画『コンプリシティ/優しい共犯』(監督:近浦啓)が全国で順次公開される。外国人労働者とその周りの人物の「生きづらさ」を描いた本作は、2018年・第19回東京フィルメックス...

2020年01月10日

「君子」は中国ではなく日本にいる!石平氏が選ぶ至高のサムライたち

石平(評論家)

「君子」は中国ではなく日本にいる!石平氏が選ぶ至高のサムライたち

石平(評論家)

源義経、楠木正成、西郷南洲……自己保身を求めず、清廉潔白を貫いた典型的な「日本武士」たちは、東洋的教養人の典型でもあった。武士の魂と儒教の理念と禅の境地が結合して渾然一体となり、つくり上げられ...

2020年01月10日

囲碁とビジネスの懸け橋に

長井多葉紗(囲碁インストラクター/人事コンサルタント)

囲碁とビジネスの懸け橋に

長井多葉紗(囲碁インストラクター/人事コンサルタント)

写真:キムラタカヒロ 取材・文:Voice編集部(中西史也) 囲碁インストラクターと人事コンサルタントの二足の草鞋を履きながら活動する長井多葉紗さん。 彼女は小学生のときに囲碁と出合い、プロ棋士をめざして...

2020年01月10日

「孤独」が僕たちをつないだ――外国人労働者と向き合う孤独な蕎麦職人。藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)

「孤独」が僕たちをつないだ――外国人労働者と向き合う孤独な蕎麦職人。藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)

写真:吉田和本 2020年1月17日(金)より、映画『コンプリシティ/優しい共犯』(監督:近浦啓)が全国で順次公開される。外国人労働者とその周りの人物の「生きづらさ」を描いた本作は、2018年・第19回東京フィルメックス...

2020年01月08日

虐待やいじめがなぜ起こるのか

菅野覚明(皇學館大學特別招聘教授、東京大学名誉教授)

虐待やいじめがなぜ起こるのか

菅野覚明(皇學館大學特別招聘教授、東京大学名誉教授)

※写真はイメージです。 われわれが生きている現代は、どういう時代でしょうか。いろいろな説明の仕方ができるでしょう。ただ、「武士道」というテーマに沿って考えるならば、端的に「強さというものが見失われている時代」...

2020年01月07日

武士は「清潔な美しさ」を重んじる

菅野覚明(皇學館大學特別招聘教授、東京大学名誉教授)

武士は「清潔な美しさ」を重んじる

菅野覚明(皇學館大學特別招聘教授、東京大学名誉教授)

※写真はイメージです。 ある小説には、主君の前に出るのにヨレヨレの格好をして風呂にも入らず、主君から臭いといわれるような武士が登場します。いろいろ理由は書かれていますが、しかし、現実にはそんな武士などいたはず...

2020年01月06日

血なまぐさい現場から出てくる思想

菅野覚明(皇學館大學特別招聘教授、東京大学名誉教授)

血なまぐさい現場から出てくる思想

菅野覚明(皇學館大學特別招聘教授、東京大学名誉教授)

※写真はイメージです。 巷間(こうかん)、多くの武士道の書物や、あるいは武士に関する小説が出回っています。しかし、現代人が書いた武士道に関する書物の多くは、実際に武士が語った原典をほとんど読まぬまま書かれてい...

2020年01月06日

日米開戦の「真の原因」を作ったのは誰か

渡辺惣樹(日米近現代史研究家)

日米開戦の「真の原因」を作ったのは誰か

渡辺惣樹(日米近現代史研究家)

(日本海軍攻撃隊の爆撃で炎上する真珠湾のアメリカ戦艦) 日米戦争は、第二次世界大戦の一側面であった。ヨーロッパの戦いから派生した局地戦であったと言い換えることもできる。米国のフランクリン・デラノ・ルーズベル...

2019年11月11日

北澤里佳 「洋古書に“新しい命”を吹き込みたい」

北澤里佳(KITAZAWA DISPLAY BOOKS代表)

北澤里佳 「洋古書に“新しい命”を吹き込みたい」

北澤里佳(KITAZAWA DISPLAY BOOKS代表)

写真:遠藤宏 取材・文:Voice編集部(中西史也) ※本稿は 『Voice』(2019年12月号) 「令和の撫子」より抜粋、編集したものです。 神田・神保町にある洋古書専門店「北澤書店」の4代目で、同店舗内にて洋書を...

2019年10月09日

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

(撮影:森清) 作家、平岡陽明氏が発表した小説『ロス男』(講談社刊)は、1977年生まれの自身も属する氷河期世代=ロスジェネをテーマとした小説である。 バブル崩壊のツケを払わされた結果、就職難と悪待遇に...

2019年09月19日

世界史の奇跡たる天皇が「エンペラー」と呼ばれる理由

宇山卓栄(著作家)

世界史の奇跡たる天皇が「エンペラー」と呼ばれる理由

宇山卓栄(著作家)

この秋の10月22日、「即位礼正殿の儀」が行なわれ、皇位継承問題に関する有識者会議も開かれるなど、日本人があらためて皇室について考えるべき時期となっている。皇室の稀有なる歴史を、われわれはいかにして学び、再認...

2019年09月19日

『涼宮ハルヒの憂鬱』に見える、京アニ作品の“こだわり”

伊藤弘了(映画研究者)

『涼宮ハルヒの憂鬱』に見える、京アニ作品の“こだわり”

伊藤弘了(映画研究者)

京都文化博物館のポスター展示(筆者撮影、以下同)   35人が犠牲になった京都アニメーション放火事件。日本を代表するアニメ制作会社を襲ったあまりに理不尽な出来事に、世界中が衝撃を受けた。京都在住の映画...

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。