ホーム » 書評 » THE21 7月号書評から

THE21 7月号書評から

2011年06月24日 公開

『心を整える。』

長谷部誠 著
幻冬舎/1,365円(税込)

「いい仕事」のスタートはメンタル面の調整から

心を整える。  ビジネスマンが「いい仕事」をするために必要なものは、ビジネススキルだけではなく、思いの強さや情熱、モチベーションの高さなど、さまざまある。そのなかでも「心」の問題は重要だ。心が弱いと「いい仕事」ができないと思う人も多いだろうが、一方で、無理をして心を病んでしまう人が多いのも現状だ。
 サッカー日本代表チームでキャプテンを務めた長谷部誠選手はわずか27歳だが、①『心を整える。』に書かれた「心」の捉え方は、多くのビジネスマンにとって参考になるものだろう。彼は心を、強くするものではなく、調整する、調律するものだと捉える。つねに安定した心を備えることで、つねに一定以上のパフォーマンスを出せるというのだ。
 心を整えるために、日々の生活のリズムを正しくする。それは、ときに禁欲的に思えるほどだ。たとえば、欧州でプレーしている元Jリーガーが集まって食事をしたとき、誰もアルコールを頼まなかった、というエピソードが紹介される。体力の回復を遅らせ、怪我の原因にもなるからだ。岡田武史監督は、選手に情が湧いてしまうからと、選手の冠婚葬祭には出席しないという。その他、長谷部選手自身や周囲の選手・監督のさまざまな習慣が紹介されている。
 とはいえ、実際のところ、長谷部選手ほど自分を律せられる人は少ないに違いない。心が整わず、「仕事ができるようになりたい」と思っても、できるようになれない。それは、過去のイヤな経験から「怖れ」が生まれ、その「怖れ」から自分を過剰に守ろうとする意識が生む「性格」のせいだと、②『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』は解説する。しかし、「性格」は変えられる、とも述べ、性格を変えるために「怖れ」を解消する方法を紹介する。
 ③『苦しまない練習』は、ブッダの弟子たちが編纂したブッダの言行録である原始仏典からの抜粋を超訳で紹介しながら、私たちの「苦」の原因は、私たちが頭のなかでつくっている妄想にあると説く。頭が「ラクなはず」と考えることが、心や身体にとっては「苦」になっているのだ。そして、苦しまないための考え方やレッスンを紹介する。
 子供ばかりが登場する、スヌーピーが主人公の漫画『ピーナッツ』が、じつは人生への洞察に満ちた台詞の多い作品だということは、ご存じの方も多いかもしれない。とはいえ、肩肘張って読むようなものではなく、気軽に読んで楽しめる。④『気持ちが楽になるスヌーピー』は、さまざまある『ピーナッツ』選集の一つ。読めば心が軽くなるかもしれない。(S.K)

仕事が「ツライ」と思ったら読む本

『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』
心屋仁之助 著
WAVE出版/1,470円(税込)

苦しまない練習

『苦しまない練習』
小池龍之介 著
小学館/1,365円(税込)

気持ちが楽になるスヌーピー

『気持ちが楽になるスヌーピー』
チャールズ・M・シュルツ 作・谷川俊太郎 訳
祥伝社新書/819円(税込)

THE21 最新号紹介

THE21 2011年7月号

THE21 2011年7月号

東日本大震災以降、日本列島は節約ムード一色。消費者心理が急激に冷え込むなか、各業界の営業マンは悪戦苦闘しています。しかし、逆風下であっても着実に売上げを伸ばし続ける営業マンがいます。得意なお客でも苦手なお客でもリピーターに変えてしまう敏腕営業マンもいます。では、彼らはいったいお客に何を話しているのでしょうか。現場でどのような営業ノウハウを駆使しているのでしょうか。『THE21』7月号では、いま、ダントツの売上げを誇る各業界のトップ営業の仕事術をご紹介します。本特集を読めば、営業数字の向上はもちろんのこと、いまの消費者の深層心理が透けてみえてくるはずです。新人営業マンもベテラン営業マンも必読の1冊です。


リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 書評 » THE21 7月号書評から