ホーム » THE21 » スキルアップ » 「男の身だしなみ」入門 第1回 シャツ編

「男の身だしなみ」入門 第1回 シャツ編

2015年07月27日 公開

日野江都子(国際イメージコンサルタント)

シャツの着方でビジネス力がわかる!?

評価に直結しているとはいえ、ビジネスツールであるスーツやシャツの正しい装い方を理解しているビジネスマンは少ない。そこで本新連載では、必須ルールをご紹介。自分の魅せ方を学んでいく。

 

日本人は「大き目」を選びがち

シャツ、それはビジネスマンが毎日当たり前のように着用するもの。その選び方や装い方に、あなたの仕事に対する姿勢や能力が現れているのをご存知でしょうか。象徴的なのは、自分を客観視する能力です。というのも、シャツは最も身体に近く触れるため、シルエットを表わしやすく、適切なサイズを選ぶには、自分の体型を客観的に把握する能力が欠かせないのです。

それを裏付けるかのように、私がニューヨークで出会ったビジネスマンは次のように語っていました。"Because I can be better" 「なぜなら、(このシャツを着ると)自分がもっと良くなれるから」。ただのおしゃれでも、仕事で仕方なく着ているのでもありません。自分をより良く見せるツールとしてシャツを理解し、活用する人の言葉でした。こうした装いが、世界共通の非言語コミュニケーションツールとして高く評価されます。

しかし、ニューヨーク的なNG例も。体を鍛えて自分をメンテナンスする嗜みを持つニューヨーカーには、自分の体を誇示すべく、ピチピチなシャツを着用する方もいらっしゃいます。

一方、日本のビジネスマンはニューヨークと正反対で、大きいシャツを選びがち。動きやすさ、着ていて疲れないことを重視しているようです。より大きいサイズを選んだり、息苦しいからと一番上のボタンを留めず、ネクタイを締め上げてごまかす方を多く目にします。 

これでは有能な方も、「残念な人」にしか見えません。ビジネスに必要なのはオシャレではなく、仕事を任せられる「きちんと感」。では、シャツを選ぶ最低限のルールを以下、ご紹介します。

 

正しい装いの例

まずは、上の正しい装いのチェックポイントを細かく見ていきましょう。

 

襟は、後ろから見たときに、ジャケットからシャツが1.5㎝ほど出ている状態がベスト

胴まわりに生地がたまっていない

袖は、スーツのジャケットを着た際、袖口から1.5㎝ほど出ている状態がベスト

袖口、襟回りは黄ばんでいる、もしくは擦り切れているのはNG

 

これは恥ずかしい!NG集 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

日野江都子(ひの・えつこ)

国際イメージコンサルタント

米国ニューヨーク在住。1994年より日米にて活躍、国際的イメージコンサルタントの第一人者として20余年のキャリアを持つ。2004年、Real Cosmopolitan Inc.(株式会社リアル コスモポリタン)設立。NY・東京の二大拠点を持ち、企業・人・ブランドの価値を高める、国際基準の戦略的イメージブランディングとマネジメント、企業トップエグゼクティブや政治家のメディア対応イメージ・コンサルティングで高い評価を得ている。
AICI(国際イメージコンサルタント協会)ニューヨーク支部ボードメンバー。
著書に『NY流 魅せる外見のルール』(秀和システム)、『仕事力をアップする身だしなみ 40のルール』(日本経済新聞出版社)他、執筆多数。
www.thelookbest.com

関連記事

編集部のおすすめ

現役大学教授が教える「お金持ちになれる投資戦略」とは?

榊原正幸(青山学院大学教授)

ギリシャ人は「日本人並みに勤勉」!?

福田直子(コラムニスト)

パックン流・相手の心をつかむ話し方

パトリック・ハーラン(タレント)


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。