PHPオンライン衆知 » THE21 » スキルアップ » 何度言っても同じミスをする部下の「叱り方」

何度言っても同じミスをする部下の「叱り方」

2015年08月05日 公開

吉田幸弘(リフレッシュコミュニケーションズ代表)

人格ではなく「行動」にフォーカス

何度注意しても改善されない。厳しく叱っても、モチベーションを下げたり、関係が悪くなったりするだけで、肝心の行動が変わらない。そんな部下に悩む上司は少なくないだろう。部下にすぐに行動を変えてもらうための「叱り方」を、管理職へのコンサルティングの専門家・吉田幸弘氏にお聞きした。

 

何気ないひと言の中の「怒りの感情」に注意

上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。

上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。

怒りの感情は、ちょっとした言い回しに現われます。たとえば、よく上司が使うのが「前も言ったよな」というひと言。部下が同じミスを繰り返したときなどに、ついイラッとして口にしがちなフレーズですが、部下にしてみれば「一度言われたことを改善できない自分はダメな人間なのだ」と感じてしまいます。

もっとストレートに、「だからお前はダメなんだよ!」と言う上司もいますが、それはただの人格否定です。部下が作った資料に問題があるとき、本当はそのうちの一部を修正すれば問題は解決するのに、「お前はダメだ」と言われた瞬間に、部下は自分のした仕事すべてが否定されたと感じてしまう。営業成績は良いのに報告書の書き方が雑な部下を、上司がいつも「お前はダメだな」と叱っていたら、良かったはずの営業成績まで落ち込んでしまうという例もあります。人格を否定されて自信を失うと、人はできていたことまでできなくなってしまうのです。

大事なのは、部下の「人格」と「行動」をきちんと切り分けること。もっと積極的になってほしい部下がいても、「そんなに大人しいとリーダーは務まらないぞ」と人格を叱るのはNG。「君にこのプロジェクトを引っ張っていってほしいんだ」というように、あくまで「どのように行動してほしいのか」に置き換えて話すようにしてください。

次のページ
「クッションフレーズ」を用い、落ち着いて叱る >

著者紹介

吉田幸弘(よしだ・ゆきひろ)

リフレッシュコミュニケーションズ代表

1970年、東京都生まれ。大手旅行代理店を経て、学校法人、外資系専門商社、広告代理店で管理職を経験。「怒ってばかりのコミュニケーション」で降格を経験したことからコミュニケーションを学び、2011年に独立。現在はコーチングの手法を駆使し、経営者や中間管理職向けにコンサルティング活動を行なう。

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

マッキンゼー流「一瞬でつかむ」伝え方の極意

籠屋邦夫(ディシジョンマインド代表)

パックン流・相手の心をつかむ話し方

パトリック・ハーラン(タレント)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×