ホーム » THE21 » トピックス » 「孫子の言葉」が経営者に求められ続ける理由とは?

「孫子の言葉」が経営者に求められ続ける理由とは?

2015年08月15日 公開

守屋 淳(中国古典研究家)

「孫子の言葉」はなぜ、現代人の心に響くのか?

約2500年前に書かれた兵法書である『孫子』が、ビジネスマンに人気だ。座右の銘として孫子の言葉を上げる経営者も多く、書店にも数々の孫子関連書が並ぶ。ではなぜ、『孫子』の言葉は現代のビジネスマンにこれほどまでに響くのか。中国古典研究家の守屋淳氏に、その魅力と「お勧めの言葉」を紹介していただいた。

 

春秋戦国時代の中国と、今の日本は似ている?

『孫子』は、約2500年前に書かれた古典でありながら、現代の経営者やビジネスマンに絶大な影響を与え続けています。

なぜ今、『孫子』なのか。それは現代が、「グローバルな競争が加速する、先が見えにくい時代」だからでしょう。状況が刻一刻と変化し、ライバルが国内だけでなく海外にまで広がっている現代において、競争状態での原理原則の感覚を養えるのが、『孫子』という書物なのです。

もちろん、現代と古代では、時代も違えば時代背景も異なるため、『孫子』の内容がそのまま現代に通用するわけではありません。古典を自分の人生に生かすには、「より一般的に表現するとどうなるのか」と抽象度を上げて考えることが大切です。

現代と古代は時代は違えど、一方で似ている点もあります。『孫子』の著者・孫武が活躍した春秋時代末期が戦乱の世であったように、現代もまた、デジタル化やグローバル化を背景にした大競争時代だということ。また、戦争がやり直しのきかない一発勝負であるように、現代も失敗が許されない方向に向かいつつあること。だからこそ、『孫子』が活用できると言えるかもしれません。

以下、数多くの『孫子』の言葉の中から、現代のビジネスマンにとって特に示唆に富むものについて、いくつかご紹介したいと思います。

 

〈かれ〉を知り、己〈おのれ〉を知れば、
百戦して殆〈あや〉うからず。

(謀攻篇)

最初に紹介するのは、日本の企業経営者が座右の銘としてよく挙げる言葉であり、お隣の中国でも、好きな格言として人気のこの言葉です。言葉自体はシンプルですが、私が取材した名経営者や名勝負師などの成功者には、「彼(=目先の敵を含む周辺のライバル)を知り、己を知る」を徹底している人が多いと感じます。

知るべき対象には「彼」と「己」がありますが、より知り難いのは「己」です。なぜなら、自分のことを客観視するのは難しく、ついつい過大評価しがちだからです。

中国古典では、自分を知るためには諫言役が必要だと言われています。つまり、自分にとって耳の痛いことを言ってくれる人がいて初めて、真の自分の姿がわかるというわけです。

諫言役には3つのタイプがあり、「師匠」「友人」「後輩・部下」の順番でランクづけされています。「師匠」が最も重要であるのは、師匠は自分から持とうとしなければ持てない存在だから。「友人」も同様で、人は偉くなると、耳の痛いことをズケズケと言う友人を遠ざける傾向にありますが、率直に意見をしてくれる友人を持つ努力も必要です。最後の「後輩・部下」は、特段の努力なしでも持つことができますが、後輩や部下の諫言に素直に耳を傾ける努力が必要でしょう。

このように、己を知ることの重要性を意識し、そのために諫言役を持つ努力をすることは、歳を重ねるほどに大事になってきます。

次のページ
百戦百勝は善の善なるものに非 〈あら〉 ず。 戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。 >



著者紹介

守屋 淳(もりや・あつし)

作家、中国古典研究家

1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は中国古典、主に『孫子』『論語』『老子』『韓非子』などの知恵や、渋沢栄一の思想を現代にどのように活かすかをテーマとした執筆や、企業での研修・講演を行なう。主な著書に『最高の戦略教科書 孫子』(日本経済新聞出版社)など。

THE21 購入

2019年9月号

The21 2019年9月号

発売日:2019年08月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

猪子寿之が語る スティーブ・ジョブズの言葉

猪子寿之(チームラボ代表)

挑戦心に火をつける! 米起業家の言葉

竹内一正(オフィス・ケイ代表)

久夛良木健が語る ソニー創業者・盛田昭夫の言葉

久夛良木 健(ソニー・コンピュータエンタテインメント元社長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。