ホーム » THE21 » インタビュー » トップデザイナーの「柔軟な思考力」の秘密

トップデザイナーの「柔軟な思考力」の秘密

2016年09月28日 公開

佐藤オオキ(デザイナー)

「2、3歩下がって考える」ことで、本当の課題が見えてくる

ビジネスでは、柔軟な思考力が欠かせない。しかし、私たちは年を追うごとに特定の考え方にとらわれがちだ。では、柔軟な発想で仕事をする人々は、どのように課題と向き合い、考え、解決しているか。今、世界から注目を集めるトップデザイナー・佐藤オオキ氏にうかがった。

 

数字も人も会社も「ビジュアル化」して整理

 プロダクトからインテリア、建築まで、多岐にわたる領域を手がけ、今最も注目を集めているデザインオフィスnendoの代表デザイナーの佐藤オオキ氏。東京とミラノを拠点としてグローバルに活躍し、クライアントも日本の大手企業から伝統工芸などの地場産業、ルイ・ヴィトンやコカ・コーラといった世界のトップブランドまで多種多様。現在は400近い案件を抱えているという。企業の抱える課題を解決し、ときにはビジネスそのものを大きく変えてしまうほどの思考は、どのように生み出されているのだろうか。

「僕は何事もまず、ビジュアル化するようにしています。数字やデータでも、人の考え方や性格でも、何でも視覚情報に還元するのです。しかもそれを、できるだけ色々なバリエーションで視覚化できないかと考えます。

 たとえば、クライアント企業の方にお会いして話を聞いたら、『この会社は何色にたとえられるだろう?』『材質にたとえるなら、木かな、それとも鉄かな?』といったことを考えます。こうして情報をビジュアル化したものを頭の中から切り取って、どんどん並べていく感じです。

 何でも情報をビジュアル化するのは、昔からのクセ。中学生の頃は、数学を勉強するときも、まるでアニメーションのように数式をビジュアル化していました。方程式を使って計算するときは、頭の中で魚の群れをイメージするのです。こっちの群れがあっちの群れを食べてしまったり、片方の群れがもう片方を囲い込んだり、網にかかってしまったり。そうするうちに、頭の中が整理されていきます」

次のページ
「ビジュアル化」の技術で発想しやすい状態を作る >



著者紹介

佐藤オオキ(さとう おおき)

デザイナー

1977年、カナダ生まれ。早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。同大学大学院修了後、2002年にデザインオフィス「nendo 」設立。東京とミラノを拠点に、建築・インテリア・プロダクト・グラフィックと多岐にわたってデザインを手がける。2006年、ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出。「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を始めとする世界的なデザイン賞を数々受賞。著書に『問題解決ラボ』(ダイヤモンド社)など多数。

THE21 購入

12月号

The21 12月号

発売日:2019年11月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

非正統派マーケターが導き出したUSJ成功への道

森岡 毅(ユー・エス・ジェイCMO)

今の日本で「イノベーション」は生まれるか?

高岡浩三(ネスレ日本社長)

即断即決せず 「優柔不断になる」 勇気

川村元気(映画プロデューサー)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。