ホーム » THE21 » 仕事の悩み » 40代ビジネスマンに最適な食事の仕方とは?

40代ビジネスマンに最適な食事の仕方とは?

2017年12月28日 公開

<連載>MBA医師が教える 40代からの「疲れリセット」術(3) 裴 英洙

朝食&昼食の摂り方次第で、仕事のパフォーマンスが劇的に変わる!

40歳前後になると出てくる「疲れがなかなか取れない」「若い頃のように働けない」という悩み。この年代、そんな「疲労」の悩みとともに出てくるのが、「胃腸」に関する悩みだろう。第3回のテーマは「食事」。医師であり、コンサルタントとしても活躍する裴英洙氏に、仕事のパフォーマンスを下げない効果的な食事法についてうかがった。

 

働く人の現実に即した健康な食生活とは?

 40代ビジネスマンが身体をケアし、かつ仕事のパフォーマンスを落とさずに日々を乗り切る方法を解説する本連載。今回のテーマ「食事」に関しても、40代ならではの変化を踏まえた戦略が必要です。

 その変化には、2つの側面があります。

 1つは環境面。役職に就き、重責を担うようになる40代は、食事の「自由度」は否応なく下がります。若い頃は「好きなときに、好きなものを、食べたい相手と」食べることが可能でしたが、管理職ともなれば、顧客や取引先との会食の機会も増えてくるでしょう。空腹でなくとも食べなくてはいけない場面もありますし、メニューも相手に合わせなくてはなりません。当然、体調コントロールには注意が必要となります。

 ところが、そこに追い打ちをかけるのが第2の側面──内臓の力の低下です。筋肉やお肌同様、40代は内臓の曲がり角でもあります。若い頃に比べると胃や腸の動きが低下して、胃もたれや便秘などの消化器系の悩みを持つ人が増えてきます。

 では、この状況を解決する方法とはなんでしょうか。ここで多くの医師や栄養士が説くのは、「毎日決まった時間に規則正しく食事を摂る」「バランスの取れたメニューを心がける」といった、食生活の改善。しかしそれを実行するのは、第1の側面である「環境面」を考えると、働き盛りのビジネスマンには少々難しいでしょう。世の一般的なアドバイスは、得てして働く人の現実に即していないもの。頭では理解していても、実際の日常生活ではできないことが多いのが世の常です。

 また、健康的な食生活にこだわりすぎて、「してはいけないこと」を厳密に守りすぎるのも、ある意味問題です。たとえば、揚げ物やファストフードが好きな人が、それらすべてをNGとされ我慢を強いられると、ストレスが蓄積し、我慢できなくなって過食をしたり、ジャンクフードや甘いものを食べすぎて、逆に体調を急激に乱すことにもなりかねません。

 そこで私がお勧めしたいのは、ビジネスマンの「環境」と「内臓」の働きを加味した“ほどほどの”食生活。栄養学的には必ずしも「満点」とはいえなくとも、仕事のパフォーマンスを維持し、ストレスも最小限に抑えられます。

「3日単位」で栄養バランスを取ろう >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

裴 英洙(はい・えいしゅ)

ハイズ〔株〕代表取締役社長/医師/医学博士/MBA

1972年、奈良県生まれ。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科に勤務。医師として働きながら、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)を首席修了。ビジネス・スクール在学中に、医療機関再生コンサルティング会社を設立。現在も医師として臨床業務をしつつ、医療機関経営に関するアドバイスを行なう。著書に、『一流の睡眠「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』(ダイヤモンド社)など。

関連記事

編集部のおすすめ

MBA医師が教える 40代からの「疲れリセット」術<連載終了>

裴 英洙(医師)

なぜ、40代になると身体が言うことを聞かなくなるのか?

<連載>MBA医師が教える 40代からの「疲れリセット」術(1) 裴 英洙

疲れを溜めない「戦略的『睡眠』習慣」とは?

<連載>MBA医師が教える 40代からの「疲れリセット」術(2) 裴 英洙


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。