ホーム » THE21 » インタビュー » “現代の魔術師”が考える「超AI時代」の働き方

“現代の魔術師”が考える「超AI時代」の働き方

2018年01月15日 公開

落合陽一(筑波大学助教/メディアアーティスト)

「超AI時代」 を生き抜くカギは、ワーク “アズ”ライフにある!

凄まじいスピードでテクノロジーが進化している現代、AIが私たちの仕事を奪うのではないかと心配している人も多いだろう。しかし、今やるべきことはAI対策ではないと、筑波大学助教でありメディアアーティストとしても活躍する落合陽一氏は言う。“現代の魔術師”と呼ばれる落合氏が考える未来の働き方とは。

 

「お堅い会社」の人が実は求められている!?

 これからの働き方を考えるうえで日本社会が早急に進めなければならないことは、兼業や副業の容認でしょう。兼業や副業をするというのは、「職をポートフォリオ・マネジメントする(最適に配分する)」ということです。

 これまでビジネスマンは、一つの会社で定年まで働くのが普通でした。それゆえ、会社で意にそぐわないこともやらなくてはならず、仕事にモチベーションを持てなくなった人も多いのではないでしょうか。また、企業側としては余剰人員にも働く場を作らなくてはなりません。これらの問題は、働く人・企業ともに生産性を下げる要因ともなります。ところが、職のポートフォリオ・マネジメントという考え方を取り入れると、違った見方ができます。

 大企業に勤めてきた人や、いわゆるお堅い仕事を長年してきた人。実は、こういう人材をベンチャー企業は欲しがっています。なぜなら、ベンチャー企業にはイケイケのイノベーション人材しかいないから。イケイケでない代わりに、ちゃんと会社の「守備」ができ、批判的な目線でモノを見られる人材がどこの企業においても1割程度は必要なのです。

 問題は、ベンチャーにはそのような人材を週に5日も雇う余力はないということ。私もベンチャーに関わっていますが、「会計締めや出納とか納品の前にだけ、そういう人がいてくれたらいいのに」と思うことがあります(笑)。

 そこで、週に3~4日は今の会社で働き、1~2日はベンチャー企業やスタートアップ企業に出向して働く、という兼業・副業が実現すれば、皆が得をします。そのためには企業と人材のマッチングが必要ですが、そこにAIを活用すればいい。

 こうした「職のポートフォリオ・マネジメント」は、これから5年の間に現実化してくるでしょう。そうなると、今の仕事にやりがいを感じられない人、企業が持て余している人にも、新しい活躍の場が生まれてくるわけです。

 

ストレスフリーな働き方が可能な時代に

 ポートフォリオ・マネジメントをするうえで最も重要なのが、働く人の「やりがい」です。週に1~2日、違う仕事をするとしたら、やりがいのある仕事を選ぶことが大切です。

 たとえば、ソーラーカーを開発しているベンチャーがあって、技術力はあるけれども事務仕事に手が回らなくて困っているとします。そこで、これまで総務や経理などの分野でキャリアを積んできた、クルマが大好きな人が、そこの事務仕事を週に1日手伝ってあげる――そんな、仕事面で持つ自分の能力・スキルを好きなことに活かせる場があるのなら、そこにはやりがいが生まれ、働くことのストレスもなくなるのです。

 この「ストレスフリー」で働くという考え方は、今後、主流となってくるでしょう。多くの人のストレスの主因となるのは、量(日数)ではなく質(やりがい)の問題なので、まずは、休日に、自分が普段やっているのと同じ業務をしてもストレスが溜まらない相手や場を探してみること。それは、給料が安くても、ボランティアでもかまいません。職のポートフォリオ・マネジメントはそこから始めるのが一番簡単です。

好きなことで価値を生み出す働き方に転換 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

落合陽一(おちあい・よういち)

メディアアーティスト、筑波大学学長補佐・准教授

1987年、東京都生まれ。2011年、筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業後、東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了。博士(学際情報学)。15年より、筑波大学助教・デジタルネイチャー研究室主宰、Pixie Dust Technologies, Inc CEO。映像と物質の垣根を再構築する表現を計算機ホログラムによって実現するなど、計算機時代の自然観としてデジタルネイチャーと呼ばれるビジョンに基づき研究に従事。著書に、『超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト』(大和書房)など。

関連記事

編集部のおすすめ

40代から磨くべき「2種類のスキル」とは?

柴田励司(Indigo Blue会長)

40代からはワーキングメモリを鍛えよう

篠原菊紀(脳科学者)

上田準二・40代の大ピンチを切り抜けたキーワード

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。