ホーム » THE21 » トピックス » それでも揺るがぬブロックチェーンへの評価

それでも揺るがぬブロックチェーンへの評価

2018年03月03日 公開

THE21編集部

仮想通貨はやっぱり危ない?

今年1月末に発覚したコインチェック社の仮想通貨不正流出事件以来、世間の「仮想通貨」への不信の目が強まっている。芸能人など誰それが仮想通貨で損をしたといった話題が出回り、日常会話の中でも「やっぱり仮想通貨は危ないね」という話がよく出てくる(日常会話に仮想通貨が出てくること自体、時代が変わったとも思うが)。

2014年に起きた仮想通貨消失事件、いわゆる「マウントゴックス事件」と比べれば対応は早く、問題自体は収束に向かいつつあるようにも見える。とはいえ、やはり仮想通貨に対する不安定なイメージを植え付けてしまったことは確かだろう。

ただ、この1年ほど、仮想通貨とその基礎技術であるブロックチェーンについての取材を繰り返してきた立場から見た景色は、それとは少し違う。

仮想通貨、というよりはその基礎技術である「ブロックチェーン」への揺るぎない信頼を、話を聞いた人ほぼ全てから感じるのだ。そしてそれは、コインチェック事件後もまったく変わっていない。

関係者から話を聞いているのだから当然ではないか、と言われそうだが、それだけでは説明できないほどに、ブロックチェーンへの評価は高い。評価というよりは、ブロックチェーンの有用性はもはや当たり前すぎて議論の余地がない、というレベルなのだ。

 

ブロックチェーンは信頼性を担保する

「インターネット以来の革命」とすら呼ばれるブロックチェーン。「分散型台帳」と呼ばれるように、データを記録する技術だ。簡単に説明するのは難しいが、すべての取引履歴がブロックに書き込まれ、それが多くのPCにより検証される。さらに、検証の終わったブロックは、鎖のようにつなげられていき、あとから書き換えるのはほぼ不可能。そのため信用度が極めて高く、お金や個人情報を低コストで気軽に送ることができる。専門家から言わせれば不十分かもしれないが、おおむね、このような仕組みである。

サトシ・ナカモトという日本人風の名前を持つ人物がその発明者とされている。ビットコインも、それに次ぐ仮想通貨として注目を集める「イーサリアム」も、コインチェック事件にて不正流出事件のターゲットとなった「NEM(ネム)」も、ブロックチェーンの仕組みを用いた仮想通貨である。

つまり、ブロックチェーンのキーワードは「信頼性」なのである。面白いことに、世間が感じている仮想通貨へのイメージとは真逆だ。

議論の余地がない大発明だが…… >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

野口悠紀雄の「ブロックチェーン」講義 第1回「ブロックチェーンとは何なのか」

野口悠紀雄(経済学者)

シリコンバレーから見た日米AI格差とは?

石角友愛(パロアルトインサイト社CEO)

野口悠紀雄の「ブロックチェーン」講義 第2回「2つのブロックチェーン」

野口悠紀雄(経済学者)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。