ホーム » THE21 » インタビュー » 日本に蔓延る「時代遅れ」の働き方、部下に見放されるリーダーとは?

日本に蔓延る「時代遅れ」の働き方、部下に見放されるリーダーとは?

2018年03月30日 公開

ムーギー・キム(グローバルエリート/投資家)

「良い感情の渦」を作れるリーダーだけが成功する!

「リーダーシップのモデルが、ひと昔前とはずいぶん変わっている」と指摘するムーギー・キム氏。社会や価値観や会社のルールが変わっていく中で、リーダーに求められることはどのようなものだろうか。多くの一流ビジネスパーソンを見てきた、ベストセラー『最強の働き方』、話題の新刊『最強の生産性革命』の著者であるムーギー氏に、「これからの時代の最強のリーダー」について話をうかがった。

 

時代遅れの働き方に縛られすぎ

 これまでさまざまな外資系投資会社やプライベートエクイティファンドなどで、世界一流のビジネスパーソンとともに仕事をしてきたムーギー・キム氏にとって、今の日本人の働き方はどのように見えるのだろうか。

「1月に刊行した竹中平蔵氏との共著『最強の生産性革命』(PHP研究所)でも述べましたが、ひと言で言えば、『時代遅れ』な思い込みに縛られている人が、とても多いようです。グローバルな観点で見ると、優秀な人ほど大企業での生活に飽き足らなくなってきています。MBAを卒業して、最初はコンサルティングファームに就職したとしても、3年も経てば、かなりの数が起業しています。

 ところが、私たちの社会はまだまだ大企業エリート信仰から抜け出せない。さらに、『一つの仕事に一生懸命打ち込む』ことこそが美徳であると考えている人も多いかと思います。しかし今や、兼業だろうが起業だろうが、極端な話、資産があれば無職だろうが、さまざまな選択肢が可能になっているのです。

 また、社会や会社の仕組みやルールについても同様です。経済が右肩上がりで、若い人の人口が多い時代だったからこそ成り立った、終身雇用や年功序列、退職金制度などの仕組みや制度を、その前提が崩れているにもかかわらず維持しようとしているから無理が生じている。時代遅れの制度を、画一的に全員に押しつけようとしているから歪みが出てくるのです。まずは、働くうえで『当たり前』と思っているこれらのことが、実は時代遅れなのだと認識することが、新しい働き方への第一歩です」

 会社から与えられた仕事を黙々とこなしていく働き方はもはや時代遅れ。では、どのように仕事を選べばいいのだろうか。

「成功している多くの人を見ていると、自分が好きなこと、面白いと思うことをやり続けています。好きなことだからこそ頑張り続けることができるのです。

 ただ、好きなことがわからないという人もいることでしょう。今の30、40代は、なんとなく周りに合わせて就職活動をして会社に入り、与えられた仕事に取り組んでいるという人も多いのではないでしょうか。

 まず、胸に手を当てて考えてみたいのは『今の仕事は本当に自分がやりたいことなのか』ということです。その仕事がたまたま自分に合っていて楽しくて仕方がないのなら言うことはありません。でもそうでないなら、仕事を見直したほうがいい。今は、若い人に限らず、仕事の内容や働き方、生き方を自分でカスタマイズしている人がたくさんいますし、それができる時代になっています。

 自分が本当に好きなもの、やりたいことを見つけるためには、若いときや子供の頃の原体験にまで遡って考えてみるといいでしょう。すると、自分が無意識のうちに大切にしてきたことや、これだけは実現したいということが浮かび上がってくるものです。それが今の会社の中で実現できそうならば努力を続ければいいし、そうでないなら転職を視野に入れてもいい。また、転職をしなくても、兼業を認める会社も増えてきていますしね」

次のページ
信頼関係構築能力こそがリーダーシップの基本 >



著者紹介

ムーギー・キム(ムーギー・キム)

投資家、『最強の働き方』『一流の育て方』著者

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身。ベストセラー作家としても知られ、近著に、『最強の健康法―世界レベルの名医の本音を全部まとめてみた』(SBクリエイティブ)と、『最強のディズニーレッスン―世界中のグローバルエリートがディズニーで学んだ、50箇条の魔法の仕事術』(三五館シンシャ)がある。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

人生100年時代の「ライフシフター」的仕事術

小暮真久(TABLE FOR TWO International代表)

「変なホテル」が予言する未来の働き方とは?

澤田秀雄(エイチ・アイ・エス会長)

竹中平蔵 × ムーギー・キム 大企業エリート信仰は時代遅れ

『最強の生産性革命』(PHP研究所刊)より
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。