ホーム » THE21 » インタビュー » 「論理思考」を学んで頭のOSを入れ替えよう

「論理思考」を学んで頭のOSを入れ替えよう

2018年07月26日 公開

三谷宏治(K.I.T.虎ノ門大学院教授)

「論理思考」は日本のビジネススクール限定の科目!?

ビジネススクールで教鞭を執るなど、社会人教育に携わる三谷宏治氏は、「ビジネススクールの受講生も、昨今は40代以上の人が増えている」と話す。しかし、せっかく学んでもその内容を仕事に活かせなくては意味がない。具体的に何をどう学べば仕事に役立つのだろうか。三谷氏は、まず学ぶべき2つのことがあると言う。詳しくうかがった。(取材・構成=前田はるみ、写真撮影=まるやゆういち)

 

40代以上の人にこそ学び直しは大切

ビジネススクールといえば、かつては二十代や三十代の受講生が中心だったが、最近は40代以上の人も増えているという。「人生百年時代を迎え、定年後の20年をよりよく生きるため、あるいは不透明な将来への不安から、学び直す人が増えている」と話すのは、長年、社会人教育に携わってきた三谷宏治氏である。

「明確なキャリアビジョンのもと、勉強に取り組む欧米人とは違い、漠然とした将来への不安や危機感から学び直す人が多いのが、日本人の特徴です。ただ私はそれが悪いこととは思いません。ビジョンに縛られないぶん、深い思索や柔軟性につながるからです。
これまで日本では、キャリアビジョンがなくても会社員として生きてこられましたし、逆にそれがあったとしても、実現しにくい社会だったでしょう。しかし、今はいつ何時、会社がなくなったり、転職の必要性に迫られるかわかりません。今の勤め先の外でも活躍できる自分になっておくために、中堅会社員にこそ学び直しが必要なのです」

 

迷ったらまずは「論理思考」を学ぶべき

では、今後の仕事や人生をよりよくするために、何を学べばよいのだろうか。ビジョン実現に向けた英語力向上や資格取得など、明確な条件がある人は、それを勉強すればいいだろう。一方、具体的なキャリアビジョンがなくても、学んでおいて損はないビジネススキルがあるという。三谷氏がまず挙げたのは、「論理思考」だ。

「私がビジネスに役立つと考える論理的思考法は、『大事(だいじ)な一つを決める力』です。商品開発の場面なら、『この商品の一番のターゲットは誰か』『ターゲットにとって一番大事なことは何か』『そのために自分たちができる最善策は何か』を決めることです。『重要思考』と名づけました。ところが、大抵の思考や議論はそうなっていません。目的もターゲットも曖昧ですし、こんなこともある、こっちも大切、という散文的なコメントだらけの議論ばかり。
論理思考に関しては、数多くの本が出版され、ビジネススクールでも人気の講座です。しかしそれは、多くの人が論理思考を重要視しているにもかかわらず、実践できていないことの表われなのです」

三谷氏によると、論理思考は日本のビジネススクールに特有の科目だという。欧米では誰もが当たり前に身につけているスキルであり、社会人大学院でわざわざ学ぶ必要がないものなのだ。

「たとえば、アメリカでは子供がお小遣いを上げてほしいと思えば、自分なりの根拠を挙げて親と交渉しなければなりません。大学では教員とマンツーマンで議論する機会も多い。家庭でも学校でも、論理思考や議論が鍛えられます。
一方、日本にはそのような環境はありません。それどころか、職場で人気の『報連相』は、上司が部下に対して『自分で決めるな』と言っているようなもの。日本人には普段から論理的に考える機会や習慣がないからこそ、改めて学ぶ必要があるのです」

 

次のページ
発想力を鍛えるにはアイデアを「殺す」こと >



著者紹介

三谷宏治(みたに・こうじ)

K.I.T.〔金沢工業大学〕虎ノ門大学院教授

1964年大阪生まれ、福井育ち。東京大学理学部物理学科卒業後、外資系コンサルティング会社に就職。以来19年半、ボストンコンサルティング グループ、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEAD(仏フォンテーヌブロー校)で経営学修士(MBA)修了。
仕事と並行して28歳頃から社会人教育に携わり始め、32歳からグロービスで「経営戦略」などの講師を務める。06年から教育の世界に転じ、地元小学校でのPTA会長などを経て、07年からK.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院教授を務める。同時に、「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマにした授業や講演で全国を飛び回る。年間7,000人以上の社会人・子ども・保護者・教員に接している。現在K.I.T. 虎ノ門大学院教授の他に、早稲田大学ビジネススクール客員教授、グロービス経営大学院 客員教授、放課後NPOアフタースクール 理事、NPO法人3keys理事、永平寺ふるさと大使を務める。

THE21 購入

11月号

The21 11月号

発売日:2019年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

思考のモヤモヤは「書き出す」ことで整理しよう!

井上龍司(コンサルタント)

自分の頭で考える「7つのレッスン」

細谷 功(ビジネスコンサルタント)

社会人の勉強は、「暗記」しても身につかない!

小川仁志(哲学者)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。