ホーム » THE21 » インタビュー » 「読書が苦手」だった女性社長の「挫折しない本の選び方」

「読書が苦手」だった女性社長の「挫折しない本の選び方」

2018年09月07日 公開

諏訪貴子(ダイヤ精機代表取締役)

スキマ時間に斜め読みして「睡眠学習」で定着させる

精密金属加工メーカー・ダイヤ精機社長の諏訪貴子氏は、先代社長であった父の急逝を機に社長になり、経営難に陥っていた同社で数々の経営改革を断行。軌道に乗るまでは悩むことも多かったと言うが、そのたびに解決のヒントになったり、背中を押してくれたりしたのは本の中の言葉だという。多忙な日々の中で、どのような読み方をし、また本から得た知識をどう活かしているのだろうか。(取材・構成=内埜さくら、写真撮影=若子jet)

 

「読書で何を得たいか」目的を明確にする

専業主婦から精密金属加工メーカー・ダイヤ精機の社長に就任し、同社を急成長させた諏訪貴子氏。社長に就任してからは必要に迫られて本をよく読むというが、実は「もともとあまり読書は好きではなかった」そうだ。諏訪氏の読書術は、まず自分に合った本を選ぶことから始まる。

「社長に就任してからは、そのときどきに生じた悩みや知りたいことの答えを、本に求めて読むようになりました。

例えば、社長業で壁にぶつかったときは、シェイクスピアの『世の中には幸も不幸もない。考え方次第だ』という一節を読み、自分を奮い立たせたことがありました。最近読んでいる本は『超訳 論語 「人生巧者」はみな孔子に学ぶ』(田口佳史著、三笠書房)。経営者としてのあるべき姿を、再度自分の中に入れ込むことが目的です。

この論語の本もそうですが、原典をかみ砕いてわかりやすくしている入門書をよく読みます。もともと本を読むことが苦手だと自覚しているので、その本から何を得たいか、目的を明確にしたうえで完読できそうな本を選ぶようにしています」

 

本を選ぶときにはレイアウトも重視

他にも、苦手意識を払拭できるような方法で本を選んでいる。

「最初に目次を隅々までチェックして、自分に刺さる言葉があるかどうかを確認します。『この言葉のような行動をしたい』と思うことができ、この本を読めば自分を前向きに動かせると判断したら買います。

本文の文字の配列やレイアウトも選ぶときのポイントにしています。私の場合、文章だけの本よりも、小見出しやリードがわかりやすくつけてあり、レイアウトに強弱がある本のほうが読みやすいと感じるからです」

 

ページの端を折りそこを集中的に読む >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

諏訪貴子(すわ・たかこ)

ダイヤ精機〔株〕代表取締役

1971年、東京都生まれ。成蹊大学工学部卒業後、自動車部品メーカーのユニシアジェニックス(現・日立オートモティブシステムズ)入社。98年から2000年にかけて2度、ダイヤ精機に入社するが、経営方針の違いから2度ともリストラされる。04年、父の急逝に伴い、ダイヤ精機社長に就任。経営改革に着手し、10年で優良企業に再生。経済産業省産業構造審議会委員、政府税制調査会特別委員、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013」大賞受賞。著書に、『町工場の娘』『ザ・町工場』(以上、日経BP社)がある。

関連記事

編集部のおすすめ

「町工場の星」はいかにして、ピンチを好きになれたか

諏訪貴子(ダイヤ精機代表取締役)

できる人が書店に足を運ぶ理由とは?

大岩俊之(ロールジョブ代表)


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。