ホーム » THE21 » トピックス » 素晴らしき「おもてなしホテル」。資金ショートの訳とは?(ルワンダ2)

素晴らしき「おもてなしホテル」。資金ショートの訳とは?(ルワンダ2)

2018年10月02日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(38)石澤義裕(デザイナー)

ルワンダで本物の「おもてなし」に出会った!


住み込み女中さん。鶏に残飯をあげるのはいいのだけれども、使い終わった髭剃りとか、空き缶は食べないと思いますよ。

軽自動車で地球半周中のアウトローです。

アフリカを流れ流れて、そろそろ2年。

世界を110カ国以上泊まり歩いて、初めて「気が効く」外国人に出会いました。

ルワンダ人の民泊オーナーです。

彼の気遣いは、「たかが」を「されど」に変える魔法。

会ってすぐに驚かされたのは、「たかが」鍵です。

民泊の鍵といえば、門、家、部屋の最低3つ。どれも同じデザインで、無印がデフォです。

たとえオーナーが西洋人であったとしても、どれがどの鍵かわからず、鍵穴に突っ込んでは悩む運試し。

加えて、マスターキーと予備を一緒にしたり、関係のない倉庫の鍵まで混ぜたりする迷彩ぶりも世界標準。

ベダ氏は、その鍵に小さな穴を穿ちました。

使う順番ごとに穴の数を増やしたので、暗い夜でも区別できる「されど」鍵。

一流ホテルの高級設備には100年経っても敵いませんが、彼の「されど化」は料理における隠し味です。日本以外で初めて、美味しいおもてなしを味わっています。

 

PDCAならぬ「STAE」とは?

彼の持ち味は、掃除から生まれます。

彼みずからが客室を掃除して、部屋に立ち、あたりを見渡し、宿泊客の行動をシミュレート。

より良くするためにナニが必要かを考え、工夫をこらす。それが楽しくてたまらないのです。

PDCAならぬ、STAE(Simulation→Think→Action→Enjoy myself)。自分も喜ぶ顧客満足度。

「ドアを開けたら、鍵はどこへ置くのか?」

そんな疑問が、ドアの横の小さなフックとなりました。

お、こんなところにフックが!と鍵をかけたら、にやにやと満足顔のベダ氏。

「たかが」フックはキッチンでも活躍し、ライターをぶら下げるフック、ハサミ用のフック、おタマのフック。

あるべきものがあるために、あるべきところを用意する。われ思う故にモノありなんて甘いわけで、ベダ氏のSTAEは哲学的です。

次のページ
渋谷が鴬谷に。それがアフリカ >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

関連記事

編集部のおすすめ

生まれ変わった「奇跡の国」の、表現力に乏しい人々(ルワンダ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(37)石澤義裕(デザイナー)

毅然として戦う!アフリカにブシドーを見た(タンザニア)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(36)石澤義裕(デザイナー)

算数が苦手なマラウイ人。その出血大サービスとは?(マラウイ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(35)石澤義裕(デザイナー)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。