ホーム » THE21 » スキルアップ » 名刺に頼るな!外国人に一目置かれる自己紹介のコツとは?

名刺に頼るな!外国人に一目置かれる自己紹介のコツとは?

2019年05月18日 公開

<連載第3回>戸塚隆将(ベリタス代表取締役)

「□□会社の○○です」では信頼されない

戸塚隆将

私たち日本人ビジネスパーソンは優秀。グローバルエリートとの差はほんのわずか──。ゴールドマン・サックス、マッキンゼーにて活躍した戸塚隆将氏は、近著『1%の違い 世界のエリートが大事にする「基本の先」には何があるのか?』の中でそう断言している。では、そのわずかの差とは何か? 戸塚氏に4回にわたって解説していただく。

※本稿は、戸塚隆将著『1%の違い 世界のエリートが大事にする「基本の先」には何があるのか?』(PHP研究所)の一部を再編集したものです(写真撮影:まるやゆういち)。

 

日本人は年齢より若く見られがち

私たちが海外で仕事をする際、最初のハードルは、取引先との信頼関係をどう構築するかです。

どんなに努力してもネイティブではないのですから、英語がうまくありません。日本人の体つきは比較的小柄です。男性も女性も実際の年齢より若く見られがちで、しばしば頼りない印象を与えます。

結果、名刺を見せるまで一人前として扱ってもらえないことも少なくありません。ふだんから名刺の肩書きに頼る仕事の仕方をしていると、グローバルな環境ではこの不利な第一印象を払いのけるのに苦労することになります。

 

名刺を渡したとたん、態度が一変

私の友人で日本を代表する大手企業に勤める人がいます。彼は海外での展示会で取引先とミーティングをすることになっていました。ミーティング開始直後は相手の反応が鈍く、明らかに「どうしてこんな若造が相手なのか」という態度でまともに話をしてくれません。

ところが名刺を渡したとたん、態度が一変したそうです。彼が重要な業務をまかされていることをようやく理解したのでしょう。

悔しいですが、これが日本人のビジネスパーソンが海外で突き当たる現実です。こうした思いをしないためにも、一瞬一瞬のプレゼンスを高めることが大切になってきます。

次のページ
海外では名刺交換は重要視されていない >



著者紹介

戸塚隆将(とつか・たかまさ)

ベリタス代表取締役

1974年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス勤務後、ハーバード経営大学院(HBS)でMBA取得。マッキンゼーを経て、2007年、ベリタス株式会社(旧シーネクスト・パートナーズ株式会社)を設立、代表取締役に就任。
同社にて企業のグローバル人材開発を支援するほか、HBSのケーススタディ教材を活用したプロフェッショナル英語習得プログラム「ベリタスイングリッシュ」を主宰。グローバル人材を輩出し続けている。著書に『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』(朝日新聞出版)等がある。
ベリタス株式会社
http://www.veritas-english.jp/company/
ベリタスイングリッシュ
http://www.veritas-english.jp/

THE21 購入

2019年10月

The21 2019年10月

発売日:2019年09月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

「Please」は使うな!グローバルエリートの「英語で伝える技術」とは?

戸塚隆将(ベリタス代表取締役)

日本人が会議で存在感を発揮する一番簡単な方法

<連載第2回>戸塚隆将(ベリタス代表取締役)

日本人の会議に絶対的に足りない2つのこと

<連載第1回>戸塚隆将(ベリタス代表取締役)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。