ホーム » THE21 » スキルアップ » 驚異の数字! 製薬業界の「粗利益率」が高いのはなぜ?

驚異の数字! 製薬業界の「粗利益率」が高いのはなぜ?

2019年06月26日 公開

石島洋一(公認会計士)

アステラス、武田薬品……その数字をチェックしてみると

6月は株主総会シーズン。企業の「決算」に注目が集まる時期だ。だが、そもそも決算書のどこをどう見ればその企業の状況を正しく判断することができるのか、正しく理解している人はそれほど多くはないだろう。

経理の本としては異例のシリーズ60万部を発刊した『決算書がおもしろいほどわかる本』の著者として知られ、近著『ざっくりわかる「決算書」分析』にて決算書分析のイロハを解説した公認会計士の石島洋一氏に、「そもそも利益とは何か」についてうかがった。

 

かつては売上高、今は「利益」にて評価される

今となっては信じがたいことですが、日本経済の一時期、売上至上主義がはびこっていました。「とにかく業界でNO.1となるために売上シェアを上げるのだ!」という号令一下、全社を挙げて売上拡大を目指していたのです。家電の業界など、その最たるものでした。

もちろん、売上があっても儲けがなくては、収益性の面でも安全性の面でもよいわけはありません。売上至上主義は、拡大する日本経済の悪しき側面だったかもしれません。

企業にとっては、儲けが重要です。儲けのことを会計の世界では「利益」といっていますが、収益性の状況は、この利益の大きさで判定します。

なんといっても大きな利益を上げた企業の評価はよいわけです。「トヨタの利益が2兆円を超えた」「ソフトバンクの今期利益は過去最高」などというニュースは、その企業の好調ぶりを明確に示すことになります。

次のページ
5つの利益とは何か >



THE21 購入

2019年8月号

The21 2019年8月号

発売日:2019年07月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

「儲かっている会社」と「安定性のある会社」、どちらがよい会社?

石島洋一(公認会計士)

身長170センチは偏差値50!? ざっくりわかる「偏差値と正規分布」

斎藤広達(シカゴ・コンサルティング代表取締役)

脱・根性営業!営業現場に革新を起こす「ファネル」とは?

斎藤広達(シカゴ・コンサルティング代表取締役)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。