ホーム » THE21 » スキルアップ » 成長市場で生き抜く「凡人起業家」のための負けない戦略

成長市場で生き抜く「凡人起業家」のための負けない戦略



2019年10月24日 公開

小原聖誉(起業家/エンジェル投資家/StartPoint代表取締役)

「長く携わった経験」はそれだけで価値がある

「起業しやすいからといって、自分は孫正義さんのように志が高いわけでもなく、壮大なビジョンもない凡人。若くはないし、できるわけないだろ!」と思われる方もいるかもしれません。

 結論から言うと、大丈夫です。若くない凡人には、凡人なりの戦い方があります。ちなみに、私自身も35歳で起業した凡人の一人です。

 というか、起業をするならむしろ、30代以上がいい。それまで蓄積してきた知識や人脈といったスキルと経験値をフルに活かせるからです。

 私の例でいえば、20代前半から30代半ばにかけて、ガラケーのアプリに関するマーケティング支援事業に携わっていました。年代でいうと、2001年から12年までの10数年間です。 

 この10数年は、NTTドコモがiアプリを開発したことでガラケーのアプリ対応端末が急成長を遂げ、やがて成熟を経てスマホの登場で衰退へと向かっていった時期にあたります。

 そのため私はモバイルアプリ市場の導入期、成長期、成熟期、衰退期の各フェーズにおいて、どの時期にどのようなマーケティング手法が有効であるのかを、つぶさに見てきました。

 この経験がスマホゲームのマーケティング支援事業で役立ちました。ガラケーとスマホはデバイスが違っても、成長フェーズごとに求められるマーケティング手法が、驚くほど似ているのです。

 そのため、私は市場の先を読みながら、取引先に対してその都度適切な提案をすることで、成功できました。

 このように10年以上働いた経験がある方であれば、何かしらの事業や商品・サービスの栄枯盛衰のサイクルを間近に見てきたはず。

 その経験をもとに近しい業界の市場や商品を見れば、業界が抱えている課題や成長フェーズ、今後求められる商品・サービス、プレーヤー等を推測することは可能ではないでしょうか。

 つまり、今後の業界課題が先回りできる。特別なインスピレーションを持つ天才でなくても、その業界に長く携わった人であれば誰でもできることだと思いませんか。

次のページ
徹底的に競争を避けて負けない市場で戦え >



著者紹介

小原 聖誉(おばら・まさしげ)

起業家/エンジェル投資家/〔株〕StartPoint代表取締役

1977年生まれ。ベンチャー企業勤務を経て、2013年、35歳のときにスマホゲームのマーケティング支援事業を柱とした株式会社AppBroadCastを創業。立ち上げたメディアは2年で400万ダウンロードを超えた。2016年、大手通信会社グループに同社をバイアウト。現在は自らの創業経験をもとにIT企業の支援・投資活動を行なう。著書に『凡人起業』(CCCメディアハウス)。

THE21 購入

2020年11月号

The21 2020年11月号

発売日:2020年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

生花もサブスクで自宅ポストに届く時代に。3億円資金調達の起業家に聞く

武井亮太(Crunch Style CEO)

【完全版】独立、副業にも使える 40代で生き残りたいなら「この資格」を取れ!

高島徹治(資格コンサルタント)・鈴木秀明(資格コンサルタント)

30~40代の転職で「失敗した!」とならないために、一番大切なこととは?

井上和幸(株式会社 経営者JP代表取締役社長・CEO)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×