ホーム » THE21 » トピックス » 仕事で迷ったら正しいかどうかではなく、「好き嫌い」で選べ

仕事で迷ったら正しいかどうかではなく、「好き嫌い」で選べ

2019年12月23日 公開

楠木建(一橋ビジネススクール国際企業戦略教授)×伊藤羊一(Yahoo!アカデミア学長)

第3回 「好き」を仕事にしなくちゃダメですか?

「好きなこと」「やりたいこと」を仕事にする働き方が注目されている。でも、夢がない、明確なキャリア目標もない。そんな自分はダメ人間なのか――? 天才でもナンバーワンでもオンリーワンでもない、フツーの人が直面する仕事の迷いについて、「好き嫌いの仕事論」を重視している一橋ビジネススクール教授の楠木建氏と、Yahoo!アカデミア学長として次世代リーダーの育成を行ない、新刊『やりたいことなんて、なくていい。』を上梓した伊藤羊一氏にお話しいただいた。

取材構成 野牧 峻

 

嫌いなことがわかった後に好きなことがわかる

――楠木先生の仕事観が形成されてきた経緯、とても面白いです。伊藤先生はいかがですか?

 伊藤 これ自分のライフラインチャートなんですけど……。

 楠木 面白いですね。

 伊藤 高校のときにテニス部をクビになって、彼女にフラれたっていうことでマイナスに陥って。そこから、いわゆる不良ですね。大学へ行っても、不良のまんま。

 楠木 『ビー・バップ・ハイスクール』みたいな感じですか?

 伊藤 もうちょっと後になりますけど、『ビー・バップ・ハイスクール』は読んでました(笑)。

 楠木 なるほど、なるほど。

 伊藤 ああいう不良って、屋上でタバコを吸うんですね、授業をサボって。

 楠木 伊藤さんは、もうちょっと「カリフォルニアの不良」というイメージですかね?

 伊藤 そうですね。あとは、RCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』的な感じです。

 楠木 なるほど、なるほど。

 伊藤 というふうにやってきて、大学のときもう何もやってないんですね。斜に構えて。何もやってないから、社会で大人と触れないから、大人とのコミュニケーションが怖いわけですよ。そのまま一応社会人にはなれたんですけど。楠木さんの今のお話を聞いていて、社会人になるとか、ならないとか、会社へ入るとか、入らないとか、好きとか、嫌いっていう選択肢自体が俺にはなかったなって。

 そうするとひとまず会社に入っちゃうんですよね。怖いんで。でも、会社に行ったら人と何かやるのって実はあまり得意じゃなくて。それでどんどん、どんどんダウンして、26歳のときに会社に行けなくなっちゃうんですね、うつになっちゃって。

 そこから、色々な人に教えられて、ここまで来た感じです。恐らく、楠木さんは高校とかに経験していたことを私は社会人になってから経験していますね。

 楠木 僕はというと、「十五、十六、十七と私の人生暗かった」っていうほうですね。本当に嫌でした。やっぱり当時はミッドな昭和なので、中高生なんていうと社会が学校にしかなくて。その社会でのアイデンティティが部活で決まっていた時代ですから。だいたいスポーツですよね。とにかく嫌でしたね、あれは。

――確か、柔道部も辞められたというふうに……。

 楠木 そうそうそう。ホントに向いてない。だから、母校の高校に呼んでもらって講演する機会をいただいたときに「私はこの学校におりましたが、1つもいいことはありませんでした」って言いました。横で先生が嫌な顔していましたが、本当にそうだったんで。

――正直ですね(笑)。

 楠木 ええ。「でも皆さん、ご安心ください。ずっとそれが続くわけじゃありませんので」っていうメッセージを後輩に伝えました。そしたら、「なんてことを言うんだ!」と怒られましたね。

――勇気をもらった生徒も多いと思いますが。

 伊藤 高校の頃は暗かったですね。私の場合は大学もずっと幸福度が落ちて社会人になっても下げ止まりしませんでしたが。

 楠木 長いですよね。

 伊藤 長いんですよ。

 楠木 とくに25歳のころの6年とか7年は、本当に長いですからね。

 伊藤 そうなんですよ。そのときに、嫌いなことはやらないほうがいいよなとさえも思えなかった自分がいるなって。楠木さんとは、そこの違いがあるなと感じます。

 楠木 そうですね。ただ、やっぱり人間は社会的な動物なんで、私の場合は会社に入らなくても、アカデミックな社会に入ることになりました。そうすると、「こういうものだからね、君」と「こんなこともできないなんて話にならないよ、君」って言われます。面白くはありませんでしたが、「ああ、そうですか」っていうことで、目の前のやらなきゃいけないことをしばらくやっていました。すると、2回目の事後性の話にも関わると思いますが、「ほとほと嫌だ、なぜならば~」というのがよくわかって「じゃあ、こういうことが好きなんだ」っていうのが見えてきます。こういう順番だと思うんですよね。

次のページ
仲間に裏切られ左遷された「一人忠臣蔵」の失敗 >



著者紹介

楠木 建(くすのき・けん)

一橋大学大学院教授

1964年、東京都生まれ。幼少期を南アフリカで過ごす。一橋大学商学部卒、同大学院商学研究科修士課程修了。専門は競争戦略とイノベーション。著書に『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)、『「仕事ができる」とはどういうことか?』(宝島社)などがある。

伊藤羊一(いとう・よういち)

ヤフー〔株〕 コーポレートエバンジェリストYahoo! アカデミア学長

〔株〕ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBA プログラム(GDBA)修了。1990年に〔株〕日本興業銀行入行、2003年プラス〔株〕に転じ、201年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。
かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEO コースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。
2015年4月にヤフー〔株〕に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める。
著書に、『1分で話せ』『0秒で動け』(ともにSB クリエイティブ)がある。

THE21 購入

2020年2月号

The21 2020年2月号

発売日:2020年01月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「仕事でやりたいことがない」人は終わっているのか?

楠木建(一橋ビジネススクール国際企業戦略教授)×伊藤羊一(Yahoo!アカデミア学長)

結局、天職や好きなことは「やってみないとわからない」

楠木建(一橋ビジネススクール国際企業戦略教授)×伊藤羊一(Yahoo!アカデミア学長)

「大体のことはうまくいかない」 だから、思いっきり行動できる

楠木建(一橋ビジネススクール国際企業戦略教授)×伊藤羊一(Yahoo!アカデミア学長)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。