ホーム » THE21 » スキルアップ » 詐欺で4300万円が一瞬で消失!人生のどん底を味わった社長の「対修羅場のメンタル」

詐欺で4300万円が一瞬で消失!人生のどん底を味わった社長の「対修羅場のメンタル」



2020年03月03日 公開

近藤宣之[㈱日本レーザー会長]

倒産寸前からⅤ字回復を遂げた経営者の思考法

社長就任前は26年間赤字続きで、倒産寸前だっを鍛える方法を教た会社を立て直し、26年間連続黒字を達成した近藤宣之氏。様々な理不尽な出来事に襲われるが、そのたびに強いメンタルで打ち勝ってきた。最近起きた大事件をもとに、メンタルを鍛える方法を教えていただいた。(取材・構成「THE 21」編集部)

 

襲いかかる数々の理不尽

「日本レーザー」は、最先端の研究用レーダーや計測器などを購入、販売するレーザー専門の輸入商社だ。現在会長を務める近藤宣之氏は、それまで26年間赤字だったこの会社を社長就任1年目で黒字化。以後、26年連続で黒字に導いた。 

その途上、近藤氏には「海外メーカーからメール一本で契約を打ち切られる」「右腕だった役員の裏切りで売上げ2割ダウン」「双子の息子の急死」など、理不尽な出来事が数多く襲いかかったが、それらに打ち勝って
きた。

一体、どのようなメンタルで、理不尽な出来事を乗り越えてきたのだろうか。

「まず、どんな理不尽なことが起こっても、それは『必要であり、必然であり、自分の成長に必ずプラスになる』と信じること、これに尽きます。

ちょうど今年起こったことですが、実は取引先であるフランスの会社のメールサーバーが、国際的な詐欺集団に乗っ取られてしまいました。そして、日本レーザーから振り込んだ大金が、盗まれてしまったのです。

その額、4300万円。2018年の自社の税引後純利益が約6500万円でしたから、その3分の2に当たる金額を一瞬にして失ってしまったのです」

会社にとって、かなりの痛手であるが、失敗した責任者を追及しなかったのか。

「失敗をした事業部長が報告に来たとき、一切叱ることも、左遷も降格もしませんでした。なぜなら、失敗した当人が一番反省し、次に生かそうとしているから。そして、どんな事情があろうとも彼に任せた責任はすべて私にあると考えたからです」

 

次のページ
起きたことを恨むより次に活かせる対応を >



著者紹介

近藤宣之(こんどう・のぶゆき)

㈱日本レーザー会長

1944年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業後、日本電子㈱入社。28歳のとき、異例の若さで労組執行委員長に推され、11年務める。アメリカ法人支配人などを経て、赤字会社や事業を次々に再建。その手腕が評価され、債務超過に陥った子会社の㈱日本レーザー社長に抜擢。就任1年目から黒字化、以降26年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導いた。著書に『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』(ダイヤモンド社)などがある。

THE21 購入

2020年10月

The21 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

アンガーマネジメントで職場風土の改善を!~まずは「怒り」の本質を理解しよう

PHP人材開発

「理不尽」は人を鍛える、「理不尽」はおもしろさでもある

平尾誠二(元・ラグビー日本代表監督)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×