ホーム » THE21 » スキルアップ » コミュ障の元CAが、苦手な先輩とうまく付き合えるようになった3つのコツ

コミュ障の元CAが、苦手な先輩とうまく付き合えるようになった3つのコツ



2020年03月31日 公開

美槻はるか(コミュニケーション・アドバイザー)

コミュニケーションの相手はお客様だけではなかった

当時、超人見知りの筆者。接客業に就いたのも、「自信のない自分を変えたい、接客業をしていると明るい自分を演じられる」という理由があったのも事実。

CAの場合、初めて会うチームメンバーと力を合わせてフライトをするということは、コミュ障の筆者にとってはこれでもかというくらいにハードルの高い環境。つまりCA職においてコミュニケーションを取ることは「対お客様」だけの話だけではなく、「対CA仲間」のほうがむしろ大事だったのです。

 

積極的でも受け身でも通用しないリアル

実際に起きたフライトでの話です。

チーフパーサーのAさんは、CAの台所と言われるギャレーについて強いこだわりのある方。

基本的に、CAは機内に到着するとそれぞれ定位置に荷物を入れ、安全確認をし、各担当業務の準備にかかります。この日は、本来なら筆者がギャレーの準備担当。しかしながら、Aさんはギャレーのセッティングに自身のスタイルがあるため、触らないでよいと言うのです。

搭乗時刻も迫っている中、パイロットとの打ち合わせもある多忙なチーフパーサーに細かい作業をさせる時間はもったいない。「Aさん、私、やりますよ」 と伝えたところ、「いいの!余計なことしないで!」 とのこと。

それと対極だったのが、機内中央エリア担当の先輩CAのBさん。

筆者は指示を受ける業務担当でのフライトだったのですが、機内に入り搭乗準備に取り掛かるも、のんびりゆっくりとお茶を飲んでいるご様子。(あれ?準備作業は大丈夫なのかな……)と感じ、「Bさん、〇時にお客様の搭乗開始ですが機内販売の搭載在庫チェックって終わっていましたっけ?」 「あっ、そうだ! ごめん、一緒に見てもらっていい?」という回答。

次のページ
仲間の動きを瞬時に見定めろ >



THE21 購入

2020年8月

The21 2020年8月

発売日:2020年07月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

大阪出身の元CAが明かす「大阪人との接し方」、オチより大事な2つのこと

美槻はるか(コミュニケーション・アドバイザー)

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)

“コミュ障”のアナウンサーが教える「困らない話し方」

吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。