ホーム » THE21 » インタビュー » 鰹節「フレッシュパック」はどこが"常識破り”の商品だったのか?

鰹節「フレッシュパック」はどこが"常識破り”の商品だったのか?



2021年02月12日 公開

高津伊兵衛(にんべん代表取締役社長)

高津伊兵衛氏

日々目まぐるしく変化するビジネスの世界で、長きにわたって事業を続けている企業は、どのような考え方で仕事をしているのか。

「つゆの素」や「フレッシュパック」でお馴染みのにんべんに取材した。〈取材・構成:杉山直隆、写真撮影:まるやゆういち〉

 

革新的だった「つゆの素」と「フレッシュパック」

1699年に初代高津伊兵衛が江戸・日本橋の路上で鰹節や干し魚の販売を始めたのが、にんべんの始まりです。

それからの約320年間を振り返ると、常に業界で初めてのことに挑戦してきた歴史があります。

江戸時代に他の鰹節問屋に先駆けて行なったのが、次の三つです。

一つは「現金掛値なし」。当時は、お客様によって値段を変え、商品の代金を盆暮れに回収するのが一般的でしたが、適正な値段を設定し、その場で現金と交換する形にしたのです。

三井越後屋(現在の三越)が元祖ですが、鰹節問屋では当社が初めてでした。

二つ目は、いつでも鰹節と交換できる「商品券」の販売。これによって、鰹節と交換する前に現金が得られるようになり、キャッシュフローが向上しました。

そして三つ目は、「鰹節製造技術の革新」です。幕末から明治期にかけて、風味豊かな「本枯鰹節」の製法を生み出しました。

戦後も業界初の商品を次々と生み出しました。中でも大きかったのが、今も主力製品である「つゆの素」と「フレッシュパック」の開発です。

「つゆの素」は、鰹節だしを使ったつゆとして市販された初めての商品です。発売した1964年当時は、鰹節のような動物性食品は液体と合わせるとすぐに腐るので、商品化は困難だとされていました。それを、開発責任者が微生物の制御技術を用いて研究を重ねることで、商品化に成功したのです。

最初はあまり売れなかったのですが、地道に営業を重ねることで、ついに89年に、つゆ市場でトップシェアを獲得しました。69年に販売を開始した「フレッシュパック」も画期的な製品でした。

鰹節は削るとすぐに酸化が進むので、「お客様の顔を見てから削れ」と言われるほど繊細で、削ったものを長期保存できる商品として販売することはできないと考えられていました。

しかし、樹脂メーカーが開発した酸素を通しにくい透明フィルムで袋を作り、窒素ガスと一緒に密閉することで、削りたての風味を長い間保持できるようにしたのです。

社内の意見は「売れるはずがない」が大半だったそうですが、売り出すと生産が間に合わないほどの人気を博しました。

次のページ
「かつお節だし」がブレイク。挑戦で可能性に気づいた >



THE21 購入

2021年3月号

The21 2021年3月号

発売日:2021年02月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

330年続く老舗が「古くなった」と思われない理由…不易流行の経営術

山本嘉一郎(山本山代表取締役社長)

はるやまホールディングス「我々は『スーツ屋』ではなく『ビジネスウェア屋』」

【経営トップに聞く 第43回】治山正史(はるやまホールディングス代表取締役社長)

ソラコム「中小企業でも個人でも、誰もが低コストで手軽にIoTを使えるように」

【経営トップに聞く 第40回】玉川憲(ソラコム代表取締役社長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×