ホーム » Voice » 政治・外交 » 辛坊治郎 「2025年大阪万博の見所は人間の“生きた心臓”」

辛坊治郎 「2025年大阪万博の見所は人間の“生きた心臓”」

2019年05月15日 公開

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)

辛坊治郎聞き手:編集部(中西史也) 写真(大坊崇)

2025年に再び大阪で万博が開催される。関西を長年ウォッチしてきた辛坊治郎氏は、「万博は人生の原点」と語る。夢の祭典でいかなる展示が展開されるのか。辛坊氏の大胆予測。

※本稿は月刊誌『Voice』(2019年6月号)、辛坊治郎氏の「本格始動した大阪都構想」より一部抜粋・編集したものです。

 

愛・地球博は失敗だった

――2025年には、松井一郎・吉村洋文両氏が推進してきた国際博覧会(万博)が大阪・関西で開催されます。1970年にも大阪で万博が行なわれましたが、辛坊さんにとって万博はどういった祭典でしょうか。

【辛坊】 私にとって万博は人生の原点であり、とにかく大好きなイベントです。1970年の大阪万博のときに私は中学2年生で、万博会場近くの親戚の家から通い詰めていました。こんなに面白いものが世の中にあるんだ、と感動したものです。

日本で行なわれる本格的な国際博は、2025年の大阪・関西万博で3回目です。過去2回は1970年の大阪万博と、2005年の愛・地球博。

1970年当時はネットがなかったので、現地に行って実際に展示を見ることに意味がありました。しかしいまは、ネットで何でもすぐに検索して、世界中の動画が見られる時代。わざわざ足を運んで何かを見ることの価値は薄れています。

その時代の流れを捉えていなかった意味で、2005年の愛・地球博は失敗だと思っています。

ある世代以上の日本人の多くが、1970年の大阪万博のテーマを「人類の進歩と調和」と答えられる一方、2005年の愛・地球博のテーマ「自然の叡智」を覚えている人がどれだけいるでしょうか。

このままでは2025年の万博も、時代遅れの祭典として終わってしまう可能性があります。

次のページ
人間の「生きた心臓」が見られる? >



関連記事

編集部のおすすめ

辛坊治郎 「自民党は“大阪問題”の解決案を示せなかった」

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)

辛坊治郎 「維新は夏の参院選での切り札を持っている」

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)

橋下徹「野党は安倍首相とトランプ大統領に学べ」

橋下徹

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。