ホーム » Voice » 政治・外交 » 辛坊治郎 「“自衛隊が地球の裏側まで”とは何だったのか」

辛坊治郎 「“自衛隊が地球の裏側まで”とは何だったのか」

2019年08月13日 公開

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)

リベラル派が言論制限を推進する本末転倒

【辛坊】 改憲論議を拒否する野党がいることは甚だ情けないことです。加えて危惧すべきは、立憲民主を中心とした野党が、憲法改正の国民投票のテレビCM規制を訴えていることです。

現在の国民投票法では、最長180日間の運動期間のうち、賛否を勧誘するCMを投票の14日前から禁止しています。

これに対し立憲民主は、政党のCMを全面的に規制する方針を打ち出しているようですが、私は大反対です。

基本的にいかなる言論・表現も規制すべきではない、と考えています。それにメディアはテレビ以外にも、憲法改正反対の大論陣を張る新聞社もあれば、改正賛成を訴えるネット広告もあります。

――若年層のなかには、マスメディアではなくSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)から情報を得る人も多いでしょうね。

【辛坊】 いかなる言論も受容し、あとは有権者が自ら判断する。これが民主主義のあるべき姿だと思います。リベラル派の野党が言論制限を推進するのは本末転倒です。

次のページ
安保論争を政争の具にするな >



Voice購入

2020年1月号

Voice 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

辛坊治郎 「年金制度に打ち出の小槌はない」

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)

辛坊治郎 「自民党は“大阪問題”の解決案を示せなかった」

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)

辛坊治郎 「2025年大阪万博の見所は人間の“生きた心臓”」

辛坊治郎(大阪綜合研究所代表)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。