PHPオンライン衆知 » 社会 » 「アニマルライツ」「ビーガン」...なぜ“動物の権利”を訴える活動家に女性が多いのか?

「アニマルライツ」「ビーガン」...なぜ“動物の権利”を訴える活動家に女性が多いのか?

2022年06月01日 公開

佐々木正明(ジャーナリスト・大和大学教授)

 

「野生のままに」広がりをみせる動物の権利運動

半数以上の家庭がペットと暮らし、「ペット大国」とも言われるフランスで、コロナ禍をきっかけに捨て犬や捨て猫が増えたのだという。

動物愛護運動や動物の権利運動の高まりから、こうした状況を防ごうと、動物の扱いに関する法律が改正され、2024年からペットショップなどで犬や猫の販売を禁止するなどの規定が盛り込まれた。

さらに動物をめぐる規制は強化され、2026年にはイルカやシャチのショーが、2028年には巡回式のサーカスで野生動物の利用も禁止されることになった。

国際社会のインフルエンサーとなったトゥーンベリの言葉やフランスでの規制強化は、21世紀の世界が進む方向を示しているとはいえまいか。

「野生動物は野生のままに」

「海に生きる命は海に生きてこそ」

動物の権利運動とビーガニズムは時代の流れにそって、じわじわと広がってきているのである。

 

関連記事

編集部のおすすめ

鯨を“殺し続ける”反捕鯨国アメリカの実態

八木景子(映画監督)

「老いた犬や猫を見捨てないで」 身勝手な飼い主に苦しめられるペットたち

鈴木聖子(動物看護師、彩の国動物愛護推進員)

再生可能エネルギーは環境破壊を進める<受賞記念再録>

石井彰(エネルギー・環境研究所代表)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 「アニマルライツ」「ビーガン」...なぜ“動物の権利”を訴える活動家に女性が多いのか?

×