ホーム » THE21 » トピックス » 仏作って魂入れず(トルクメニスタン)

仏作って魂入れず(トルクメニスタン)

2016年04月06日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(8)石澤義裕(デザイナー)

「裕福な北朝鮮」の不思議な世界

日銭を稼ぎながら世界をさ迷い、10分の1世紀と少々。
吹けば飛ぶような軽自動車に、とるに足らない家財道具を積みこみ、サハリンからアフリカを目指してハンドルを握っています。
ブレーキを踏むたびに、お尻の下からマジンガーZが階段から転げ落ちたような音がしますが、妻Yukoともども元気です。

道中、棚からぼた餅的一攫千金を狙って株を購入。家訓「慌てる乞食は貰いが少ない」のお陰で、売り時期を逃しました。ババを掴んだまま、中央アジアの西の果てまで転がっています。

 

斜め上のアイディアを連発する大統領


トルクメニスタンの男性/市場で撮影

旧ソ連が後生大事に育んだ、中央アジア。解散後、独自に進化した独裁国家がウリです。

先月は、拷問と強制労働で名を馳せたウズベキスタンをレポートしました。
大統領は、対立候補ですらうっかり投票してしまう天下無敵のイスラム・カリモフ氏。任期が切れても選挙すら行なわれない人気者で、終身大統領を断わっていながら在位26年目。
ぜひ武田信玄や諸葛孔明に続いてほしいものです。

さて今月は、「裕福な北朝鮮」としてもてはやされるトルクメニスタン。
初代大統領ニヤゾフ氏は、一国の長とは思えぬ独創的な価値観で、えっ、それってアリ?的なユニークな政策を次々と打ち出したアイディアマンです。
一党独裁と見破られないよう、与党の地方幹部を集めて野党とする斬新な政権運営。
何かとすり寄ってくるロシアをかわすため、永世中立国を宣言し、国連に認めさせた手腕。旧ソ連の寄り合いグループ「CIS」の集団安全保障条約に加わらず、トランプのババ的ポジションを獲得します。
ニヤゾフ流「風になびかない風見鶏」として、派閥にとらわれない外交方針です。

 

黄金の大統領像がぐるぐると回転!?

軍の最高司令官を兼任し、独裁者としてクーデター防止に努めます。
同業の毛沢東を真似て、自身の肖像画を街中に貼りまくったのはニヤゾフらしくない安易な策ですが、銅像で勝負しました。
スターリンにも金正日にも自由の女神にも負けない、目に痛々しいほどに豪華な黄金製です。
ただぼんやり立っている愚像ではありません。太陽を指差してぐるぐるまわる、日和見黄金像なのです。

2代目大統領がこの黄金像を撤去したときの理由が「首都の景観向上」とは、驚くばかりです。

次のページ
100部突破の超ベストセラー『魂の書』とは? >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち

石澤義裕(ワーキング・パッカー)

働けども働けどもGDPハアガラズ……(ウズベキスタン)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(7)石澤義裕(デザイナー)

なぜ今、ハーバードで「日本」が注目されるのか?

佐藤智恵(作家・コンサルタント)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。