ホーム » THE21 » スキルアップ » メンタルトレーナーが教える、仕事のパフォーマンスを格段に上げる「手帳術」

メンタルトレーナーが教える、仕事のパフォーマンスを格段に上げる「手帳術」

2019年01月30日 公開

久瑠あさ美(メンタルトレーナー)

イマジネーションを広げることが「成功」のカギ

 

 潜在能力を引き出すことで人生を劇的に変えるメンタルトレーニングを行なっている久瑠あさ美氏は、「潜在意識にアプローチすることで、誰もが潜在的に持ち得ている力を自ら引き出すことができます。多くの人は、その自らの可能性を広げるどころか、狭めてしまっている。今ある能力で、できる範囲でやろうとする。それでは、潜在能力は発揮されようがありません」と語る。そして、著書『未来を動かす手帳術』(扶桑社)では、「潜在意識の扱い方=マインドの法則」を日々の実践トレーニングに落とし込んだ手帳術を提案している。ビジネスパーソンに向けて、その要点を教えてもらった。

 

誰もが「あ、気づいたら変わってる……!」。そんなメソッド

「変われるか、変われないか」で迷っているとき、潜在意識の自分は「まだ変わりたくない」のです。「変わりたいのに変われない」。こう思うことで、「できない」という意識を強くします。これがメンタルブロック(心の壁)を作り出します。

 変えられるのは未来だけです。けれど、未来のことは誰にもわかりません。その不確実な未来の可能性を広げてくれるのは、誰もが持つ潜在能力しかないのです。それを信じる勇気こそが、この先の自分にとって何より必要な心のチカラ。そのマインドを創り上げていくことで、自分の未来を自在に動かすことができるようになります。

「潜在意識」に働きかければ、誰もがまだ見ぬ素晴らしい能力を引き出すことができます。「変わりたい」と思った瞬間からガラリと変わる。それが私の提唱している「マインドの法則」です。

 久瑠式トレーニングは、その人の性格は変えずに潜在能力を引き出すことで、人生を劇的に変えることが自らできるようになるもの。もし、あなたが本気で変わることを望んでいるなら、私のメンタルトレーニング法である「マインドの法則」を知り、手帳に書き込んでみてください。これだけで、1年先の人生を望み通りに歩んでいる自分を創り出すことができます。

 

次のページ
マインドの法則の「三種の神器」とは? >



著者紹介

久瑠あさ美(くる・あさみ)

メンタルトレーナー

「ff Mental Room」(フォルテッシモメンタルルーム)代表。心療内科のクリニックで心理カウンセラーとして勤務後、トップアスリートのメンタルトレーニングに積極的に取り組み、注目を集める。企業経営者、ビジネスパーソンなど、個人向けのメンタルトレーニングを行ない、延べ5万人を超えるクライアントから絶大な信頼を寄せられている。企業や自治体への講演や研修などにおいて、潜在的な力を引き出す人材育成プログラムを開発。慶應義塾大学での講義など、次世代育成にも力を注ぐ。本格的な体感トレーニングを行なう「心を創るマインド塾」や潜在意識にアプローチする「鏡面感覚トレーニング」「72時間手帳術」のワークショップを毎月主宰。多数のメディア出演や累計92万部の著書がある。

WEBサイト  http://ffmental.net/
ブログ    http://blog.livedoor.jp/kuruasami/

THE21 購入

11月号

The21 11月号

発売日:2019年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「オールインワンの手帳」で うっかりミスを防ぐ!

借金玉(著述家)

超多忙でも時間に追われないストレスフリーの手帳術

森本千賀子(morich代表取締役)

手帳・ノート・メモに代わる「仕事が速くなるデジタルツール5」

佐々木正悟(心理学ジャーナリスト)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。