ホーム » THE21 » インタビュー » 200万部突破!池上彰氏が語る『伝える力』誕生秘話&人気の理由

200万部突破!池上彰氏が語る『伝える力』誕生秘話&人気の理由

2019年04月03日 公開

池上彰(ジャーナリスト)

今、求められている「伝える力」とは?

コミュニケーション論のベストセラー『伝える力』が、この3月、ついに200万部を突破した。10年以上前に発刊されたにもかかわらず、今でも多くの読者に支持されるのはなぜか。この十数年で「伝える力」の重要性はどのように変わってきたのか。池上彰氏に「伝える力の重要性」について、改めてお話を伺った。

 

『伝える力』誕生のきっかけは「こどもニュース」だった

――『伝える力』がついに200万部を突破しました。2007年の発売以来、これだけ長く、多くの読者に支持されてきた理由はどこにあるとお考えですか。

「コミュニケーションについての悩み自体は、今も昔も多くの人が持っていたと思います。ただ、そのニーズに直接答えるような本が、当時は少なかったのではないでしょうか。
そこに『伝える力』という、力強くもスッキリとしたタイトルの本が出たことで、『そうそう、こういう本がほしかったんだ』という読者のニーズを喚起できたのかもしれません」

――本書の出版後、同テーマの本が相次いで発売され、海外のコミュニケーション論に関する翻訳書なども増えてきた印象があります。

「ちょうどその流れに乗れたことも、これだけ長く、多くの人に読んでいただけた理由かもしれませんね」

――本書執筆のきっかけになったのは、「THE21」のインタビュー連載でした。

「ちょうどNHKを退社し、11年間続けていた『週刊こどもニュース』の仕事を辞めたばかりの頃でした。この番組は日々のニュースを子供たちにわかりやすく説明することを目的としたもので、私が『お父さん』となり、子供に伝えるという形式を取っていました。
大人向けの単語をそのまま使っても子供には通じませんので、どう言い換えれば子供にもわかってもらえるかを、当時は常に考えていました。
その直後にインタビューを受けたことで、『自分は物事を伝えるにあたって、何を重視していたのか』を意識的に振り返る良いきっかけになりました」

 

大人に対しても「子供に伝えるつもりで」伝える

――「子供」に伝えるために磨いたテクニックが、実は大人にとっても役立つものだった。

「相手が子供であっても大人であっても、『自分とは違う人に物事を伝える』という点は同じです。ただ、子供に対しては言葉を選んで話す人も、大人に対してはそれを忘れがちなことが多いように思います。
同じビジネスパーソンであっても、会社や業種が違えば、相手と自分の常識は違ってきます。こちらが通じると思った言葉が通じなかったり、まったく違う意味に受け取られてしまったりすることもあります。同じ会社の人であっても、年齢や役職、育ってきた環境はそれぞれ違いますので、やっぱり言葉が通じるとは限りません。
相手がどんな常識を持っていて、どのような言い方をすれば伝わるのか。それを常に意識することが、伝えることのスタートだと思います」

次のページ
「素人」が作った番組だからこそ、伝わる >



著者紹介

池上彰(いけがみあきら)

ジャーナリスト

1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間NHK『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。05年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍。著書に『そうだったのか!現代史』(集英社)、『相手に「伝わる」話し方』(講談社現代新書)、『ニッポン、ほんとに格差社会?』(小学館)など多数。

THE21 購入

2019年9月号

The21 2019年9月号

発売日:2019年08月10日
価格(税込):630円

関連記事

編集部のおすすめ

通販レジェンドの「伝わる」トーク術とは?

髙田 明(ジャパネットたかた創業者)

天皇は国家元首?~池上彰さんに、いまさら聞けない「天皇」の話を聞いてみた

池上彰(ジャーナリスト)

「ずるい人」を寄せつけない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。