ホーム » THE21 » トピックス » お金持ちでなくても可能?失敗しない「海外逃亡」のススメ

お金持ちでなくても可能?失敗しない「海外逃亡」のススメ

2020年03月06日 公開

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(52)石澤義裕(デザイナー)

長期滞在に必要な「3大条件」


外国の警察官はフレンドリー。友達になっておくといいかも(メキシコ)

夏タイヤで雪のピレネー山脈を越えられず、泣く泣くアフリカ大陸に逃げました。

もうひと月になります。

ヨーロッパへ戻りたいのですが、ポルトガルでのんびりしすぎたために、渡欧するとすぐに滞在期限をオーバーします。

オーバーステイを避けるためにフェリーでイタリアに渡る作戦をたてたものの、いまやイタリアはコロナの季節。行くに行けません。春までモロッコに缶詰めです。

暇です、誰か遊びに来ませんか?

 

長期滞在となれば、それなりの町に住みたいものです。

第1条件は、漁港。いつでも新鮮なイカ、エビ、魚を食べられること。

第2条件は、フランス人が食べるレベルのパン屋さん。

第3条件は、気軽にお酒が買えること。

贅沢をいわせてもらえれば、ラーメン屋さんを第4条件に入れたいところです。

そんなところがモロッコにあるか!っとお思いでしょう。

心配ご無用、日頃からアンテナを張っていれば見つけられるのです。

次のページ
「あの人」のように、海外逃亡の準備をしておこう? >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年4月号

The21 2020年4月号

発売日:2020年03月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

日本の常識は捨てよ!アフリカ起業で成功する7つのコツ

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(51)石澤義裕(デザイナー)

意外に稼げる海外ノマドワーカー、まったく稼げない海外ノマドワーカー

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(50)石澤義裕(デザイナー)

のんびり過ごしたいけれど、のんびりされるとイラつく(ポルトガル)

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(49)石澤義裕(デザイナー)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。