ホーム » THE21 » インタビュー » グラウンドワークス「エヴァンゲリオンの版権ビジネスが成功し続けている理由」

グラウンドワークス「エヴァンゲリオンの版権ビジネスが成功し続けている理由」



2020年04月07日 公開

【経営トップに聞く】神村靖宏(グラウンドワークス代表取締役)

【連載 経営トップに聞く】第29回 〔株〕グラウンドワークス代表取締役 神村靖宏

 

 1995~96年にテレビシリーズが放送され、現在に至るまで絶大な人気を誇るアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズ。2020年6月27日には、「新劇場版」シリーズ完結作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開も控えている。25年にわたる長い歴史の中で、絶えずグッズなどの商品展開を幅広く行なっていることも、このコンテンツの特徴だ。なぜ、エヴァンゲリオンのライセンス事業は成功しているのか? 担当している〔株〕グラウンドワークスの代表取締役・神村靖宏氏に話を聞いた。

 

パチンコのヒットがもたらした大きな変化

 ――御社の設立は2010年ですが、神村代表取締役がエヴァンゲリオンのライセンス事業を担当するようになったのは、それ以前の2001年頃からだとか。

神村 まだ前職の〔株〕ガイナックスに在籍中に前任の担当者から引き継ぎました。それまでは、総務や人事、経理、ゲーム部門の進行管理といった仕事をしていました。

 ガイナックスはエヴァンゲリオンの制作をした会社ですが、作品に対して出資はしていませんでした。出資をしなければ作品から得られた利益をバックしてもらうこともできないのが普通なのですが、関係各社のご理解、ご協力をいただいて、ある時点から、ガイナックスをエヴァンゲリオンの版権窓口にしていただきました。そこで、ガイナックス社内で版権部門をスタートさせたのが僕の前任者です。

 ――当初から商品展開は色々としていたのですか?

神村 他社の見よう見まねながらも、精力的にやっていました。大手の玩具メーカーがスポンサーになっていなかったので、逆に色々なところに許諾を出せたんです。また、僕もそうですが、前任者も玩具などに非常に愛着を感じていましたから、苦労しながら各社を駆け回って商品化をお願いしていました。当時はまだフィギュアという言葉が一般的ではありませんでしたが、綾波レイや初号機などの模型や玩具から始まって、雑貨などへ展開していきました。

 ガレージキットと呼ばれる少量生産の模型を作っている、プロとアマチュアの境目のような造形作家や原型師の方たちにも、積極的に許諾を出していました。ロボットアニメが全般に下火だった時期で、その中でエヴァンゲリオンが出てきましたから、エヴァンゲリオンのガレージキットを作りたいという方が多くて、一世を風靡することができました。

 ――アマチュアに許諾を出すというのは、よくあることだったのでしょうか?

神村 年に2回開催されている「ワンダーフェスティバル」というガレージキットのイベントの会場でだけ販売する許諾を出す、というビジネスが今でもあって、それを始めたのが、ガイナックスの前身であるゼネラルプロダクツという会社だったんです。1980年代半ばのことです。それにエヴァンゲリオンが良い形で乗ることができました。

 ゼネラルプロダクツは、作品のライセンスを受けてグッズを製造することから始まった会社だったので、版権を使わせていただくことの難しさやありがたさが身に染みていました。だからこそ、エヴァンゲリオンの版権は、特定の企業に独占的に使ってもらうのではなく、様々な企業に幅広く使っていただきたいという方針でしたし、それが作品の人気の底上げにもつながると判断していました。

 ――前任者から引き継いだときは、どのような状況だったのでしょう?

神村 劇場版も1997年に終わって、勢いはひと段落していましたが、不定期ではあるものの、ゲームが発売されたり、DVDが発売されたりといったことは続いていて、そのたびに、メーカーなどに「一緒に何かやりましょうよ」とお声がけしていました。

 そうしているうちに、2004年に出た遊技機の『CR新世紀エヴァンゲリオン』が大ヒットしたんです。

 ――それが大きな転機になった?

神村 パチンコのおかげで、普段アニメを見ない方々にまで認知が広まりました。その結果、市場に出ていたDVDが一気に品切れになって、発売元のキングレコード〔株〕から「何が起こっているんだ?」と連絡がありましたよ(笑)。

 それ以上に大きかったのは、各社で決裁権を持っている、年齢が高い方々にも知っていただけるようになって、企業タイアップなどの企画が通りやすくなったことです。「こんなアニメ知らないよ」から「知ってるぞ。カヲル君が出たら大当りのやつだな」に変わった。これは本当にパチンコがヒットした影響です。

 エヴァンゲリオンの舞台になっている箱根町とのコラボレーションは今も続いていますが、これも、町の決裁権者の方がパチンコでエヴァンゲリオンを知っていたので、企画が通りやすかったんです。

 ――アニメをパチンコにすることは、当時もよくあったのでしょうか?

神村 今ほどではありませんでしたが、『北斗の拳』のパチスロ機がヒットしたりはしていましたね。『CR天才バカボン』や『ルパン三世』のパチスロ機も話題になっていました。

 ――エヴァンゲリオンのパチンコ化は、どのような経緯で?

神村 庵野(秀明)監督自身が「パチンコにすればいいのに」と言い出したんですよ。ちょうどその頃に「パチンコ化のライセンスは空いていますか?」という問い合わせがいくつか来ていたので、お話を聞いて、許諾しました。

 ――「パチンコにすればいいのに」というのは、認知を広げるために、ということだったのでしょうか?

神村 ぼんやりとは、あったんじゃないかと思います。僕も、パチンコは非常に強いコンテンツなので、アニメファン以外にまで届けばいいなとは思っていましたが、これほどまで当たるとは思っていませんでした。

 

次のページ
ライセンス事業を別会社にするメリットとは? >



著者紹介

神村靖宏(かみむら・やすひろ)

〔株〕グラウンドワークス代表取締役

1962年生まれ。兵庫県姫路市出身。大阪大学在学中に自主映画の制作集団「DAICON FILM」に参加。DAICONFILMの活動終了後、87年にNTTに入社。91年、〔株〕ガイナックスに入社。2010年、〔株〕グラウンドワークスを設立、代表取締役に就任。19年12月、〔株〕ガイナックス代表取締役を兼任。

THE21 購入

2020年6月号

The21 2020年6月号

発売日:2020年05月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

ボルボ・カー・ジャパン「5年で販売台数4割増を実現した『プレミアム戦略』」

【経営トップに聞く】木村隆之(ボルボ・カー・ジャパン前社長)

Shopify「規模の大小を問わず、誰でも低コストで開設できるネットショップを提供」

【経営トップに聞く】マーク・ワング(Shopify 日本カントリー・マネージャー)

ソニー銀行「データアナリストを育成し、新商品を生み出す」

【経営トップに聞く】住本雄一郎(ソニー銀行社長)

<連載>経営トップに聞く

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。