PHPオンライン衆知 » 書評 » 知らないと絶対に後悔する!『家族が倒れた時、しておくべき手続きと届け出のすべて』

知らないと絶対に後悔する!『家族が倒れた時、しておくべき手続きと届け出のすべて』

2016年06月10日 公開

今村正(千代田パートナーズ税理士法人 代表社員税理士)

『家族が倒れた時、しておくべき手続きと届け出のすべて』はじめにより一部抜粋

 

知っておくことが、もしもの時の備えになる 

家族が倒れた時、しておくべき手続きと届け出のすべて 今、親やパートナー(夫または妻)の銀行口座から、お金を引き出すことはできますか?  保険金の請求をするのに、どこに書類がしまってあるのか知っていますか?  実印や銀行の届出印はどれだかわかりますか?  おそらく多くの人は、暗証番号を知らなかったり、預貯金通帳や書類や印鑑の保管してある場所が、なかなか思いあたらなかったりするのではないでしょうか。

 ひとたび親やパートナーが倒れると、本人のためにしなければいけない手続きや、本人に代わってしなければならない手続きが一気に押し寄せてきます。入院の手続き、保険金の請求、医療費の支払いはもちろんのこと、本人の友人への連絡や、本人が使わなくなった部屋の管理、場合によっては携帯電話や公共料金の解約などをしなければならないこともあります。どの手続きもしっかりやっておかないと、余分なお金を払うことになるなど、不利益が生じることもあります。

 ただでさえ家族が倒れてしまって動揺しているのに、そこにさらにさまざまな手続きをしなければならないなんて……と途方に暮れてしまうかもしれません。確かに、次から次へと手続きはしなければいけませんが、本人に書類の場所やお金について確認しながら、順番に落ち着いて片付けていけば、必要以上に慌てたり、神経質になったりする必要はありません。しかし、本人の意識がなかったり、認知症が進んでしまっていて、銀行口座の番号や保険の書類の場所を聞き出せない、ということもあるかもしれません。その場合でも、手続きを進める方法や助けになる制度は必ずあります。

 本書では、親やパートナーが倒れてからの本人のお金の管理、身の回りの手続き、いざという時のための相続税対策や遺言書の書き方を紹介しています。特に、身の回りの手続きについては、本人の判断能力がある時とない時に分けて紹介していきます。書き込み欄も設けました。ぜひ、活用してください。

 この本が、親やパートナーが倒れて困ってしまった時の一助になれば幸いです。

次のページ
いちばん不安なお金のこと、管理リスト >

関連記事

編集部のおすすめ

30代、そろそろお金を貯めましょう~夫婦で、シングルで、いくら必要? どう貯める?

深田晶恵 《ファイナンシャルプランナー》

家計のムダが劇的に減る!「おサイフ日記」とは?

八ツ井慶子(生活マネー相談室代表)

会社員に「がん保険」はいらない?

佐藤敦規(FP・社会保険労務士)

先端医療? 先進医療? 標準治療? 東大病院を辞めたから言える「がん」の話

大場大 《東京オンコロジーセンター代表》

お祝い事にぴったり!家庭でつくれる郷土寿司の魅力

岡田大介(酢飯屋店主)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 書評 » 知らないと絶対に後悔する!『家族が倒れた時、しておくべき手続きと届け出のすべて』

×