PHPオンライン衆知 » 生き方 » 野村克也氏の考える最強捕手「甲斐拓也もすごいが、やっぱり…」

野村克也氏の考える最強捕手「甲斐拓也もすごいが、やっぱり…」

2020年03月12日 公開

野村克也(野球評論家)

 

野村と森...両名捕手とバッテリーを組み、的確な分析を見せた山内新一

投手が投げなければ試合は始まらないが、その前に捕手がサインを出さなければ投手は投げられない。言わば、捕手は「監督の分身」であり、「試合中の監督」なのである。

セ・リーグで実に8年連続(61~68年)ベストナイン捕手に選ばれたのが、私より1歳下の森昌彦(巨人=現・祇晶)。

南海と巨人が日本シリーズで対決した年(61年・65年・66年・73年)を除き、パ・リーグ打者の情報を仕入れるため、日本シリーズ前、巨人・川上哲治監督の命令で私のところによく派遣されてきた。

「捕手の評価が低いよな。チームという扇の要の捕手の大切さを、2人で知らしめようや」

それから、ゆっくりとだが、着実に捕手の重要さは認知されていく。

73年、私はプレイング・マネージャー初優勝の美酒に酔った。巨人からトレード移籍の2人・山内新一が0勝からいきなり20勝、松原(福士)明夫(敬章)も0勝から7勝。東映から移籍の江本孟紀が0勝から72年16勝、73年12勝。

山内は、スポーツ記者から質問の嵐、カメラマンからストロボの光を浴びせられる。

「セ・リーグの名捕手・森捕手(巨人)のリードと、野村捕手(南海)のリードの相違点は?」

その前に、まず私に言わせれば、性格が全然違う。家が経済的に恵まれなくて、大学進学を断念したのは共通項だが、私は浪費家、森は節約家になった。だが、リードは違う。「やりくり」リードは私のほう。

図らずも、山内が、私たち2人を比較、なかなか的を射た分析だと思った。

「森さんは一流投手をリードするのが上手い、野村さんは僕らみたいな二流投手をリードするのが上手い」

 

ときは流れ、名捕手は名監督となり激闘を繰り広げた

森は巨人で藤田元司、堀本律雄、堀内恒夫、高橋一三ら、最多勝タイトル投手とバッテリーを組んだ。

そして現役時代は川上監督の分身として11回(巨人)、コーチ時代は広岡達朗監督の懐刀(ふところがたな)として3回(ヤクルト1、西武2)、監督時代は6回(西武)と、日本シリーズ無敗。

時は流れ92年と93年の日本シリーズ、監督として相まみえたときは感慨深いものがあった。

お互いの愛弟子(ヤクルト・古田敦也、西武・伊東勤)が名捕手になっており、野村と森の「分身対決」「代理戦争」とまで喧伝された頭脳戦の日本シリーズとなった。

92年は3勝4敗で後塵を拝したが、93年4勝3敗で雪辱。野村ヤクルトは、森の日本シリーズ連勝を20回でストップさせた。

関連記事

編集部のおすすめ

妻サッチー逝去から1年 野村克也氏が語る「残された夫のひとり暮らし」

野村克也(野球評論家)

古田敦也氏が回想する、対極的だった「野村監督と若松監督のリーダーシップ」

古田敦也

兼任監督の職を突然に解かれ(野村克也 『理想の野球』より)

野村克也(野球評論家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 野村克也氏の考える最強捕手「甲斐拓也もすごいが、やっぱり…」

×