PHPオンライン衆知 » 経済 » 共働きの妻が亡くなった場合はゼロになる? 意外と知らない「遺族年金受給の条件」

共働きの妻が亡くなった場合はゼロになる? 意外と知らない「遺族年金受給の条件」

2022年01月04日 公開

福一由紀(ファイナンシャルプランナー)

 

共働きで妻が亡くなったときの「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の扱い

●遺族基礎年金

・子どものいる夫 → 受給できる
・子どものいない夫 → 受給できない

●遺族厚生年金

・妻の死亡時に55歳以上の夫 → 受給できる
※ただし、60歳までは支給停止。子どもがいる夫は60歳前でも受け取れる。

・妻の死亡時に55歳未満の夫 → 受給できない
※ただし、子どもがいる場合は、子どもが受け取れる。

 

関連記事

編集部のおすすめ

認知症になると“口座凍結”の恐れも...親が元気なうちから始める「相続対策」

福一由紀(ファイナンシャルプランナー)

「ローンの繰り上げ返済」が引き起こした悪夢...コロナ禍で崩れた“家計のリアル”

福一由紀(ファイナンシャルプランナー/マネーラボ関西代表)

「年金は破綻しない」と断言できる3つの根拠

荻原博子(経済ジャーナリスト)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済 » 共働きの妻が亡くなった場合はゼロになる? 意外と知らない「遺族年金受給の条件」

×