PHPオンライン衆知 » 生き方 » ようやく世界に認められたのに…日本人「花絵師」の挫折と決意

ようやく世界に認められたのに…日本人「花絵師」の挫折と決意

2022年01月11日 公開

吉澤恵理(医療ジャーナリスト)

世界に認められた日本のインフィオラータ

世界に認められる日本のインフィオラータ

「ヨーロッパ発祥のインフィオラータの世界で日本人が何を表現できるのかという好奇の目で見られている感じは少なからずありました。そこで、日本人だからこそできるものがあるはずだと考えたのが『浮世絵』でした」

2012年のスペイン・バルセロナで行われたインフィオラータの大会「Congreso Internacional de Arte Efimero」に日本代表として参加し浮世絵をモチーフにした作品で世界を魅了した。浮世絵のインフィオラータが見る人に与えたインパクトは大きく、この大会をきっかけに藤川氏が日本人の花絵師として海外でも広く認められるようになった。

その後、日本各地でも藤川氏がプロデュースするイベントは数多く開催され、イベントの来場数は年間150万人以上にも上るという。

「インフィオラータが多くの人に愛され、日本でも新しい文化として認知されるようになり、TBSの『情熱大陸』に出演したのをきっかけに様々な仕事のオファーをいただくようになりました。東京オリンピックでもインフィオラータとのコラボが予定されていました」

藤川氏がインフィオラータを始めて20年の節目と東京オリンピックが重なり、多くのイベントが予定されていたが、コロナ禍でほとんどがキャンセルとなった。

次のページ
コロナ禍の試練 >

関連記事

編集部のおすすめ

大震災、疫病の流行…極限の状況でも人が「花」を必要とするのはなぜか?

東信(フラワーアーティスト)

"百合"はなぜ特別な花なのか? その秘められた意味

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

この"絵"を「数式で表す」とどうなるか? 数学画家が描く意外なアート

瑞慶山香佳(ずけやまよしか:数学画家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » ようやく世界に認められたのに…日本人「花絵師」の挫折と決意

×