ホーム » 生き方 » 「出逢い」がなくて、あせっています~ちいさな恋の相談室

「出逢い」がなくて、あせっています~ちいさな恋の相談室

2010年03月01日 公開

井上香織

 

出逢いはどこにあるの?

ご相談内容

私は26歳で保育園に勤務しています。子供が好きなので、今の仕事に満足しているのですが、「出逢い」というものが全くないのが悩みです。もちろん、彼氏はいません。男性といえば、園児の父親ばかり。たまには「素敵だなあ」と思う若いパパもいますが、本気で好きになってもハッピーエンドは望めそうにもないので……。友人がどんどん結婚していくのをみると、関係ないと思いつつも、やっぱりあせってしまいます。どうしたら私にも「出逢い」がおとずれるのでしょうか。

(26歳、保母) 

 

出逢いはいつも偶然の中に

アドバイス

まわりの友だちは次々に幸せそうな笑顔をウエディングドレスに包んで、新しい生活へと羽ばたいてゆくというのに、私ときたら今、彼氏がいないどころか出逢いがなくて……と嘆いたり、焦ったりしている人は意外と多いものです。

幸いにしてあなたは仕事には充実感を感じているようですから、まずは“焦り”から解放されること。どこかに素敵な人がいないかしらと、そればかり思いつめているときには、なぜか出逢いは巡ってこなかったりします。肩の力を抜いて、仕事や趣味に、前向きに取り組んで、今のひとりの時間を思いきり自分磨きのために使ってみるのはいかがですか?ひとり旅やお稽古ごと、本を読んだり、女友達との気のおけないおしゃべりなど、彼氏がいるとなかなかできないことってたくさんあります。そうした毎日の積み重ねは、あなたにとって小さな自信につながってくるはずです。そして、そんな中で、あなたが放つ輝きを感じてくれる人は必ずいると私は思います。それは……友だちの披露宴の会場かもしれないし、ふと誘われた合コンの席、今朝、駅ですれ違った人かもしれません。もしかしたら、かつての同級生との再会が恋の予感を運んでくれることもあります。

出逢いはいつも偶然の中に潜んでいます。

今は大切な誰かに出逢うために与えられた準備期間だと思えばいいのです。

仕事だけではなく、プライベートも充実させ、自分で自分を磨いて、今の自分を好きになって……そうすれば、あなたにもきっと素敵な出逢いが巡ってくる、私はそう思います。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

井上香織(いのうえかおり)

青山学院大学文学部教育学科卒。学生時代にはシンガーソングライターとして、アルバム『めざめの刻に』他を発表。また、ラジオのDJ、作詞、詩集『サイレント・レター』(サンリオ)も。大学卒業後は私立高校で英語教師として勤務するかたわら著作活動を続ける。著書は『25歳の辞表』(徳間書店)、『オードリー・ヘプバーンの恋愛講義』(河出書房新社)、『MON CHERI』(KKベストセラーズ)、『放課後』『恋愛歌』『“あなた”からの卒業』(講談社)、『それでもあなたに逢いたくて』『それでもあなたが好きだから』『淋しいのはあなただけじゃない』(大和書房)、『蜃気楼の彼方に』(幻冬舎)他多数。

関連記事

編集部のおすすめ

別れた彼とよりを戻したけれど、彼の親友を好きに……ちいさな恋の相談室

井上香織


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「出逢い」がなくて、あせっています~ちいさな恋の相談室