ホーム » 生き方 » 「ちょっといい?」で時間を奪う上司…上手に"スルーする”3つのポイント

「ちょっといい?」で時間を奪う上司…上手に"スルーする”3つのポイント

2019年09月12日 公開

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士),吉田裕子(国語講師)

 

あらためて『徒然草』189段を超訳で読む

「今日はこれをやろう!」と意気込んでおっても、それ以外の急用が出てきて、それに追われているうちに一日が終わってしまうもんじゃ。

待っている相手は来ないのに、約束もしていない人が来る。あてにしていたことはうまくいかず、意外なことばかり叶う。計画どおりにはいかないもんじゃ。

それは一日も、一年も、そして、一生も同じこと。「予定どおりにいかない」とだけ思っておけば、まちがいはない。

 

吉田兼好も嘆く「呼んでいない人ほど来る」

国語講師の吉田です。徒然草189段の原文で印象的なのは、

「待つ人は障りありて、頼めぬ人は来たり」
(訳:待つ人は差し障りがあって来ず、約束していない人は来る。)

百人一首に、「契りおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋も去ぬめり」(藤原基俊、七五番)という歌があります。

これは、基俊が太政大臣・藤原忠通に送った歌です。かねて、息子の光覚(興福寺の僧侶)を維摩講の講師にしてくれと頼んでいたのに、それが今年も叶わず、そのことを恨む歌なのです。「ねぇ! 約束したじゃないですか!」と。

昨今、新入社員の会社でのあれこれに親が出てくる、というモンスターペアレンツが話題ですが、900年前も親バカは変わらないわけですね。

自分ではどうしようもないことに、ボヤいたりゴネたりしてすごすのは非生産的。実際、光覚がその後に出世したという話もありません。うまく生きるには、

①思いどおりにいかない部分は、潔く割り切ること
②コントロールできる範囲を、最大限に活かすこと

ですね。



関連記事

編集部のおすすめ

『徒然草』も指摘!? 50歳を過ぎて居座る上司が引き起こす“災い”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士),吉田裕子(国語講師)

転職した元社員の“笑顔”は、経営者への痛烈な「ダメ出し」

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士),吉田裕子(国語講師)

「会議と資料作りが仕事」の人の悲しい末路

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「ちょっといい?」で時間を奪う上司…上手に"スルーする”3つのポイント