PHPオンライン衆知 » 社会 » 中野信子「“毒親”という言葉の流行が、苦しむ子どもの心を救っている」

中野信子「“毒親”という言葉の流行が、苦しむ子どもの心を救っている」

2020年04月08日 公開

中野信子(脳科学者)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

 

人は他者との関係の基礎を「親子関係」から身につけている

(中野)最近こんな人をみかけました。

いつも愛情が足りないような感じに苦しめられ、大切な誰かの愛を確かめようとして極端な態度を取り、かえって関係を悪くする人。

親の意志を自分の意志だと思いこみ親の満足するような結婚をしなければと思い、無謀な結婚をした人。

親のために優等生でいなければならず、そうでなかったら不安でたまらなくなってくる人。

取り上げればきりがありません。日々生きていくなかで感じる心の軋みや苦しみが、親子関係悪化の原因になっている可能性は高いと思います。

これをひもといていくことは、その根源的な生きづらさの解消につながるでしょう。それが一人だけでなく社会全体が認識すれば、人の痛みはかなり軽くなるでしょう。

重複しますが、人間関係の基本に親子関係があります。人間は生後6ヵ月から1歳半までの間に、対人関係の基礎となる型を、親との関係の中で身につけることが分かっています。

しかし、この型は意識すれば変えることが出来ます。それが毒親との向き合い方の解決方法です。

関連記事

編集部のおすすめ

中野信子「“毒親”という言葉の流行が、苦しむ子どもの心を救っている」

中野信子(脳科学者)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

「いつも悪いことが起きる人」に共通する“親との関係”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

医学部卒の息子が「こんな家に生まれたくなかった」と嘆く理由

片田珠美(精神科医)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 中野信子「“毒親”という言葉の流行が、苦しむ子どもの心を救っている」

×