ホーム » 趣味・教養 » 「旅ができない夏」を救ってくれた“特別な読書”

「旅ができない夏」を救ってくれた“特別な読書”



2020年08月26日 公開

田口幹人(書店人)

田口幹人

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、旅行ができない・しづらい状況が生まれてしまった2020年の「特別な夏」。遠方への旅行や帰省などをあきらめてしまった人も多いだろう。

盛岡の書店で数々のベストセラーを生み出した有名書店員として業界ではその名前を知らない人はいない、楽天ブックスネットワークの田口幹人氏も、そんな自粛生活に悩まされた一人だ。

しかし、田口氏は自身が得意とする「本」の世界が実現する、「新たな旅行様式」のあり方に遭遇したという。それはどんなものなのか。

 

「旅行ができない」状況が生んだ仮想世界旅行サービスが大人気に

コロナ禍により、楽しみにしていた夏の旅行日程の変更を余儀なくされた方が多かったのではないだろうか。

緊急事態宣言下のGW同様、公共交通機関は例年をはるかに下回る予約状況であると連日報道で伝えられているのを耳にする。

まさに、2020年の夏は、特別な夏となっている。

自粛生活も長引くことが予想される中、いつになったら旅に出ることができるのか、と気をもんでいらっしゃる方も多いのではないだろうか。

緊急事態宣言中のGWに、「読書で海外旅行を!世界の都市名で本を注文する選書サービス」としてリリースされた「WORLD MAP BOOKSTORE」というサービスをご存じだろうか。

「WORLD MAP BOOKSTORE」は、本を読むことで海外旅行の気分を味わっていただくことを目的に、都市の名前で本を選び購入していただき、数日後、その都市をテーマにした本とチケットが届くというサービスだ。

本のコミュニティを通じたマッチングサービスを手掛けるMISSION ROMANTIC book の旅行好きな担当者が、せめて気分だけでも海外旅行へ行った感じを味わってほしいと立ち上げたサービスである。

「WORLD MAP BOOKSTORE」は、用意していたチケット(本)は期間中に全て完売となる人気ぶりだった。

その後、MISSION ROMANTIC bookでは、本で旅する企画第二弾として、夏らしく世界のビーチリゾートに行き先を絞った「WORLD MAP BOOKSTORE 世界のBeach編」をリリースした。

選ぶのは、本ではなく旅先だ。世界の6つの海街から行先を選んでいただくと、数日後にその街をテーマにした文庫本が届く。同封される偽物の航空チケットもシャレが効いており、旅の気分を一層盛り上げる。

第二弾も、行き先を選ぶことで旅が始まる。今年は旅好きにとって試練の1年だが、旅の序盤のわくわくする気持ちだけでも楽しんでもらいたいという担当者の想いが詰まった企画となっている。

あなたが選んだ一冊の本に収められている文字から、遠く離れた憧れの土地の情景を読み取る。そう、いまこそ我々が持つ想像力をフル活用してみよう。動画を見るよりも手間かもしれないが、読書での旅は、きっとあなただけの旅になるはずだから。

心持ち一つで世界中どこにだって旅に行けるはずだ。

「WORLD MAP BOOKSTORE」の面白さは、自分で本を選ぶのではなく、選ぶのはあくまでも旅先なのだ。どんな本が送られてくるのかは、手元に届くまで分からない仕掛けとなっている。

次のページ
まだ知らない知識や人に偶然出合える仕組みが、人生に刺激を与える >



関連記事

編集部のおすすめ

なぜ期待はずれの本を選んでしまうのか? POPで養う「本を選ぶ力」

田口幹人

本が売れない時代の「まちの本屋」の生き残り方

田口幹人

40年間続いた「若者の活字離れ」。書店店長が今、思うこと

田口幹人
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 「旅ができない夏」を救ってくれた“特別な読書”

×