ホーム » スキルアップ » 予備校講師の裏ワザ「もっと聞きたい!」と思わせる話し方

予備校講師の裏ワザ「もっと聞きたい!」と思わせる話し方



2020年12月28日 公開

犬塚壮志(士教育代表取締役)

犬塚壮志氏

会話のなかで「この話、まだ終わらないのかな……」と思ったり、あるいは相手にそう思われているかも、とモヤモヤした経験は誰もがあるのではないか。

有名予備校で人気講師として活躍していた経歴を持つ犬塚壮志氏は、新著『人気NO.1予備校講師が実践! 「また会いたい」と思われる話し方』の中で、聞き手に「もっと話を聞きたい」と思わせるには、ある心理学を用いたコツがあるという。

※本稿は、犬塚壮志(著)『人気NO.1予備校講師が実践! 「また会いたい」と思われる話し方』(朝日新聞出版)より、内容を一部抜粋・編集したものです。

 

一度は経験のある「この話、早く終わってほしい…」

「長いな〜。この人の話、いつまで続くんだろ……」
「この話、まだ終わらないのかな……」

人の話を聴いていて、このようなことを思ったことはないでしょうか?「この話、早く終わってほしい」と、相手からの情報を遮断したいと思う感情を抱いた経験は一度や二度ではないと思います。

一方で、例えば、テレビドラマを観ていて、「さあ、これからいよいよ真実が明かされそうだ」というところでエンディングテーマとスタッフ名のスクロール流れ、

「えっ、ここで終わっちゃうの?もっと観たかったのに〜!」
「この続きが気になる!」

このように、いいところで終わってしまうテレビドラマにヤキモキした経験はないでしょうか。 この2つの違いはなんでしょうか?

実は、ここには前者にはい、後者にある仕掛けが施されているのです。その仕掛けを自分が話すときに利用することで、相手にあなたの話を「続きをもっと聞きたい!」と思わせることも可能なのです。

それでは、その仕掛けとは具体的にどんなものでしょうか。

次のページ
「もっと聞きたい」と思わせる“心理法則” >



関連記事

編集部のおすすめ

「10代の男女を動かす」話し方…予備校講師がたどりついた結論

犬塚壮志(元駿台予備校化学講師、東京大学大学院生)

「結局、何が言いたいの?」話が長くてつまらない人の共通点

犬塚壮志(士教育代表取締役)

“教え上手な人”が使う「相手の記憶に残る話し方」

PHPオンライン衆知

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 予備校講師の裏ワザ「もっと聞きたい!」と思わせる話し方

×