PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「鏡の自分に向かって…」松岡修造が明かした“誰でも前向きになれる準備運動”

「鏡の自分に向かって…」松岡修造が明かした“誰でも前向きになれる準備運動”

2021年09月02日 公開

松岡修造(元プロテニスプレイヤー、ニュースキャスター)

 

1分間、呼吸に集中してみよう

漫画「鬼滅の刃」(吾峠呼世晴作、集英社)では、主人公たちは特殊な呼吸法によって身体能力を高め、鬼と戦います。

じつは僕たちも、呼吸法によってパワーアップできるって知ってました? 呼吸法によって、心を落ち着かせたり、集中力を高めたりできるんです。試しに1分間、やってみましょう。

3秒かけてゆっくりと深く息を吸い、2秒止めて、またゆっくりと4秒かけて吐く。これを繰り返します。ここで大事なポイント!

息を吐くときには、自分の心の中にあるいらないもの、ネガティブな感情をすべて一緒に吐き出すつもりで吐きます。「来週のテストが憂鬱」「あの先生と話すのがイヤだなあ」「部活の試合でミスしたらどうしよう」そういうものを、息に乗せて全部外に出してしまいましょう。

そして、吸うときには、ポジティブなものを体の中に取り込むことをイメージ。「自分はできる」「大丈夫だ」「うまくいく」実際にうまくいったところを想像して、そこで自分が感じるはずのうれしい気持ちまで、思い切り吸い込んじゃいましょう。

ネガティブ吐いて、ポジティブ吸って、ネガティブ吐いて。自分の中のマイナス要素が一掃され、前向きなエネルギーで満たされていく感じがしませんか?

さて、1分たちました。ここまでの「準備運動」で、だいぶ気持ちが前向きになってきたんじゃないかと思います。

*ネガティブ吐いて、ポジティブ吸って、ネガティブ吐いて

 

関連記事

編集部のおすすめ

真面目で良い人ほど多い「抱えこみグセ」…“ネガティブな心”を手放す4つの方法

山口まみ(ポジティブ心理学博士)

「本番に弱い人」が共通して“心配しすぎていること”

佐藤健陽(佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表)

誰にも一度は訪れる「ビッグチャンス」をみすみす逃してしまう理由

千田琢哉(著述家)

取締役になったのに…50代で味わった「人生最大の挫折」 そこから変わった人生

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「鏡の自分に向かって…」松岡修造が明かした“誰でも前向きになれる準備運動”

×