ホーム » 生き方 » カズ語録 僕はこれを若い人に伝えたいと思う

カズ語録 僕はこれを若い人に伝えたいと思う



2012年03月03日 公開

三浦知良 (プロサッカー選手)

PHP文庫『カズ語録 不屈の魂が身につく218の言葉』より

東日本大震災復興支援チャリティーマッチがんばろうニッポン!

この本は、1982年にブラジルに渡る前から現在にいたるまで、30年以上にわたる僕のサッカー人生で発言してきた言葉をまとめたものです。

きっかけは、2011年3月29日、東日本大震災復興支援チャリティーマッチがんばろうニッポン! で決めたゴールだった。

僕はサッカー選手として、ゴールの持つ重みを感じてきた。いろんなゴールを決めてきたけど、チャリティーマッチのあのゴールで、自分のあげる1点がどれだけの意味を持つかということを、本当に改めて思い知ったんだ。

サッカーはゴールだけじゃなく、すべてが大事だ。それでも、1本のゴールがみんなの心に刻まれるんだということを、すごく教えられました。

「カズさんのゴールとメッセージに励まされた」というたくさんの声が寄せられた。そこに、僕の言葉を集めた「日めくり」を出しませんかというオファーがあって、『KAZU魂のメッセージ 底力』 (PHP研究所)が出た。うれしいことに、「もっと多くのメッセージを読みたい」という声がまたたくさん届きました。

僕の言葉を集めた『蹴音』(ぴあ)という本が出ている。それに最近の発言を加え、新たな形で文庫化しませんか、という話になった。

僕は自分の経験とか自分に起こっていること、その時の感情とかを、そのまま言葉にするタイプだ。インタビュー前に資料をもらうこともあるが、勉強嫌いなので、あまり読まなかったりする(笑)。ズバッと聞かれ、パッとひらめいて、自分の言葉が自然に出てくる感じかな。

そういう言葉があんまり重くなり、影響力を持ちすぎるのは申しわけないし、一つひとつの言葉に責任を感じる。だいたい僕は、人に教えるとかいうことを、ほとんどしないんです。一方で、言葉が本になると「結構いいこと言ってるじゃん」と、自分の言葉に自分で酔ったりするんですけどね(笑)。

でも、僕の言葉で「励まされました」「救われました」と言われるのは素直にうれしい。僕の言葉に嘘はないし、自分が本当に経験してきたことだけを言ってますから。

僕にその経験をさせてくれるのは、ファンのみなさん、読者のみなさん。だから僕は、みなさんから励まされて成長してると思っています。

そんな自分の言葉が、逆に多くの人の励みになるならと、発刊を決めた。言葉も改めて自分自身で選び直しました。

次のページ
挑戦することが成功すること >



関連記事

編集部のおすすめ

澤穂希 苦しい時は、私の背中を見て

100年インタビュー『夢はみるものではなく、かなえるもの』より

車椅子バスケットボール選手 京谷和幸さん[ヒューマン・ドキュメント]

取材・文:平出浩 写真撮影:熊谷正

クルム伊達公子の幸福論「一歩前へ―Nothing to Lose」

クルム伊達公子(プロテニス選手)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » カズ語録 僕はこれを若い人に伝えたいと思う

×