ホーム » 仕事の心得 » 宮仕えするサムライの必読書 『武道初心集』に学ぶ組織人の心得~「絶交」

宮仕えするサムライの必読書 『武道初心集』に学ぶ組織人の心得~「絶交」

2013年08月14日 公開

古川 薫

《『【新訳】武道初心集 いにしえの教えに学ぶ組織人の心得』より》

 武士道書、くだけていえば武士道の教科書『葉隠』は、「武士道というは、死ぬ事と見付けたり」の章句があまりにも有名だ。

 江戸初期の同じころ成立しながら、あまり知られていない武士道書『武道初心集』にも、ほぼ同じことが書かれているが、『葉隠』ほどには過激でない。『葉隠』の冒頭あたりに、これを読んだあとは「火中すべし」(焼き捨ててしまえ)と書いているのは、個人への忌悍なき批判や常軌を逸した文言がふくまれていることを自覚していたからであろう。もともと他見を許さないものだったのだ。

 二本差しのサムライのことだから、けんかも刃物をふるっての争いとなるのが普通で、『葉隠』にはけんかのことがよく出てくる。けんかに負けて仕返しをしないのは武士の名折れである、相手が大勢でも、ひるまずに向かって行き、それで斬り死にしろ、「死に狂い」は恥ではないなどと、危険なことを教える『葉隠』は、禁書あつかいされ、広く普及されなかった。

 『武道初心集』は戦国時代を脱した平和な世の中で、宮仕えするサムライの節度ある言動を説いているので、武士の必読書に指定した藩さえあった。木版本となって出回りはじめたのは、すでに幕末期に入り、近代が忍び寄る天保年間(1830~44)だったせいで、サムライの国での普及期間が短かったことも、多くの人の知るところとならなかった理由のひとつだろう。

 『葉隠』は肥前・佐賀藩の山本定朝という老成した武士の談話を随時筆録した金言集といったものだ。『武道初心集』のほうは、やや体系化され、文字通り教科書の体裁をととのえており、それじたいが敬遠されたといえなくもないが、21世紀のこんにちに至って、この武士道書がぼつぼつ読まれはじめている。

 大道寺友山がこれを書こうとしたのは、乱世から遠のいたあとに続く無風状態のなかに放り出され、戸惑っている若者の群れを見てからのことだったのだ。

 関ケ原の役、大坂の陣、島原の乱を経て、にわかに平穏となった社会に適応できないでいる武士たち、戦場と無縁となり、お城勤め(お役所勤め)となったサムライたちへの垂訓というほどの意味も持っていただろう。

 『武道初心集』は、『葉隠』のように「死に狂い」に死ねとは言わない。武士たるものは常に死を覚悟しておけと冷ややかに教えるのだが、「まあ、いつもいつも死ぬことばかり考えていたのでは息がつまるというものだ」と、つぶやきもする。

 閉塞情況に鬱屈する現代のサムライ・サラリーマンたちにとっては、錆びのある声で適度に大脳を刺激する地下からの響きに聞こえるかもしれない。

大道寺 友山 (だいどうじ・ゆうざん) 江戸時代の兵法家
寛永16年(1639)、大道寺繁久の子として生まれる。長じて江戸に出て、小幡景憲、北条氏長、山鹿素行らに師事、甲州流軍学を学ぶ。兵法家として身を立て、『武道初心集』『岩淵夜話』『落穂集』などを著す。享保15年、92歳で没した。

 

絶 交

【原文】

奉公つかまつる武士多き朋輩の中に、何とぞ仔細あって不通義絶の者もなくては叶わず。然るに主君の仰せをもって、その義絶の者と同役などに罷りなり候わば、早速その者の方へ罷り越し、
「我ら儀このたび貴殿と同役仰せ付けられ、則ち御請けに及び候。其許と手前儀は日比義絶の儀に候え共、既に同役と仰せ付けられ候においては、毛頭も私意をさしはさみ候ては、上の御為に罷りならず候間、向後の義は互いに隔意なく申し合わせ、とにもかくにも御用の相滞り申さざる様に之なくてはと存ずる事に候。其許の儀は当役においては先輩の義に候えば、諸事御指南を頼み入り申すほか之なく候。ただ明日にも貴殿我らのうちいずれなりとも他役にかわり、同役を離れ候わば、また義絶に及び候え共、それまでの義は随分隔意なく」
と、申し合わせ候ほか之なき段、申すことわり互いに心を合わせて、相勤めるとあるは武士の正義也。
(『武道初心集』第十七条)

 

 武士の世界にかぎらず勤め人相互の人間関係には、微妙な問題が常に介在し、絶交という険悪な関係もあり得る。ひごろ親密に付き合っている2人が、ささいな行きがかりで互いにものもいわなくなったり、エスカレートして犬猿の仲になったりする。そのことがついに生涯絶縁のままに終わるということもあるのが、人間社会の微妙なところだ。

 幼稚園などにみる子供社会では絶交、仲直りという現象が、日常的に繰り返される。仲直りして、親密な関係がさらに深まることが多いのは、成人社会でもめずらしくはない。集団のなかでの個人間の触れ合いは、年齢によらない人間力学である。

 共通の敵にむかい生死をかけて激しく戦う戦場では、味方同士濃密にむすびながらも功名争いをしているのだが、平和な時代になって「宮仕え」するサムライたちが迎えた競争社会には、戦場とちがった人間集団のさまざまな問題が発生した。そのひとつが絶交であっただろう。

 『武道初心集』松代本では、わざわざ「絶交」という表題を出し、原書の言葉をくわしくおぎないながら絶交したときの心得を説くのである。

 厄介なのは何かのつごうで、絶交している相手と「同役」になった場合だ。仕事の上で毎日顔を突き合わさなければならないのはお互いにつらい。『武道初心集』が勧めるその解決法は、陰にこもらないサムライらしい決然たる行動である。

 日ごろ不仲にしている同僚と同じ職場ではたらくようになったら、すぐその人物のところに行け、もし彼が先輩にあたる人なら、よろしく指導をとへりくだった上で、なお明日にでもいずれかが役を離れることになれば、またもとのごとく絶交の関係にもどろうではないかと告げて、まずは心を一つにして、お役目ひとすじにっとめるのが武士の正義というものだという。

 集団のなかでは必然的に生起する絶交の問題は、今もむかしもない人事現象だが、個人間の絶交だけでなく、複数の人間がからむと問題は複雑になる。少し横道にそれるが、『広辞苑』に「しかと」という言葉が出てくる。「(花札の紅葉の札の鹿がうしろを向き知らん顔しているように見えることからという)相手を無視すること」とある。

 そっぽを向くことや無視することを「シカトする」と言う。「シカト」は、はじめヤクザや賭博師の間で使われた隠語で、警視庁刑事部による『警察隠語類集』(1956年)には、花札のモミジの鹿が、横を向いているところから、博徒らの間で「とぼける」の隠語「しかとう」が生まれたことを解説している。

 はじめは「しかとう」だった。それが一字略して「しかと」となり、不良少年の間で、さらには一般の若者の隠語「シカト」となった。

 中学・高校生の間では数人の者が、ひとりの個人を仲間はずれにすることに使われる。これは集団絶交であり、イジメに発展する。

 イジメによって自殺者がでるなど、イジメが社会問題になっている現代では、『武道初心集』でいう絶交とは次元の異なる人事現象だが、まったく別のことでもない。

 イジメのはじめは、個人間の絶交が複数に移って、構造化しシステムを形成して集団絶交に深化していく。イジメに参加し構成員となる個人の資質を、『武道初心集』では次のように規定する。
   

○ 原文口語訳 ○

 〈いわん〉 や日ごろ特別不仲でもない者と、同じ職場ではたらいているときは、なおさら心安く入魂 〈じっこん〉 にすることはもちろんである。然るにやゝもすれば同役と権を争い、また新しく役について、諸事不案内な同役の者にたいしては、何かと気をつかい、首尾よく勤めさせてやるべきなのに、ふとした失敗を見てうれしがり、騒ぎたてたりするのは、実に見苦しく、武士の風上におけぬ輩である。そういう奴にかぎって、戦場では他人の首を盗み、味方討ちなど大不義を犯すのだ。
おそれ慎むべきことである。
初心の武士心得のため仍って件の如し。
(『武道初心集』第十七条)

 


<書籍紹介>

[新訳]武道初心集
いにしえの教えに学ぶ組織人の心得

大道寺友山著
古川薫編訳
本体価格950円

「サムライ社会」の生存競争を生き抜くための心構えや生き方を説く本書は、現代のビジネス社会にも参考となる必読の書。
   

<編訳者紹介>

古川 薫 (ふるかわ・かおる) 著述家

1925年山口県生まれ。航空機会社、教員、新聞社勤務を経て、執筆活動に。1965年『走狗』で直木賞候補に。以降、10回候補にあがり、藤原義江の伝記小説『漂泊者のアリア』で第104回直木賞受賞。
主な著書に、『漂泊者のアリア』『志士の風雪 品川弥二郎の生涯』(以上、文藝春秋)、『斜陽に立つ』(毎日新聞社)、『高杉晋作』(新人物往来社)、訳書に『吉田松陰留魂録(全訳注)』(講談社学術文庫)、『乱世に躍る武将群像』(PHP研究所)など、多数。



関連記事

編集部のおすすめ

品格ある男になれ~凛とした男の生き方

川北義則(出版プロデューサ、生活経済評論家)

義に死すとも不義に生きず。松平容保と会津武士の高潔な心

松平保久(会津松平家14代当主)

言いにくいことをうまく伝える“プロの技術”[実践編]

野原蓉子(日本産業カウンセリングセンター理事長、臨床心理士)

「心身脱落」「只管打座」 ~ 道元のたどりついた悟りとは

ひろさちや

結果を出す上司は「残業が悪」だと知っている

佐々木常夫(東レ経営研究所特別顧問)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 仕事の心得 » 宮仕えするサムライの必読書 『武道初心集』に学ぶ組織人の心得~「絶交」