ホーム » 生き方 » クローザー上原浩治の「覚悟の決め方」~不安こそ力になる

クローザー上原浩治の「覚悟の決め方」~不安こそ力になる



2015年05月12日 公開

上原浩治(メジャーリーガー)

上原浩治『覚悟の決め方』PHP新書

<<高校では控え投手、大学受験も失敗。そんな上原浩治投手はレッドソックスの不動のクローザーとして活躍し、ワールドシリーズ制覇にも貢献、胴上げ投手にもなった。上原氏の著書『覚悟の決め方』では、自身が年齢を重ねながらも進化し続けた理由を明らかにしている。

想像を超えるプレッシャーのなか、メンタル、フィジカルを最高の状態に保つために何が重要なのか? 同書より一節を紹介する。>>

※本稿は上原浩治著覚悟の決め方』(PHP新書)より一部抜粋・編集したものです。
 

不安が自分を動かすエネルギー

「どうやってプレッシャーを克服するのですか?」

 よく訊かれる質問だ。

野球では、「プルペンエース」と呼ばれるピッチャーがよくいる。ブルペンではものすごいボールを投げるのに、いざ実戦のマウンドに上がると、持てる力を発揮できないピッチャーのことだ。

そういうピッチャーを、私もこれまでに何人も見てきた。彼らは総じてプレッシャーに弱い。バッターを前にすると、緊張のあまりコントロールを乱したり、力んで棒球になったりしてしまうのだ。

私の場合、そういうことはない。よく指摘されるように、どんな状況でも、テンポよく初球からどんどんストライクを取っていくことができる。

もちろん、私だってプレッシャーは大いに感じている。

いまの私はクローザー、抑え役という立場にある。マウンドに上がるのは主に最終回、チームの勝利がかかった大事な場面だ。周囲は「抑えて当たり前」と信じて疑わない。

もし打たれて逆転されたりするものなら、ボロクソに非難され、戦犯扱いされる。メディアも、抑えた時はほとんど取材に来ないが、打たれるとこぞってやってくる。

失敗は許されないから、たとえ格下と思われるバッターか相手でも一球たりとも力を抜くことはできない。先発の場合は、すべて全力で投げたらもたないから、どこかでいわゆる“抜く”ことか必要だけれど、クローザーはそうはいかない。

私は1イニングの投球数を15球と考えているが、そのすべてを全力で集中して投げることが要求される。

「マウンドに上がりたくないなあ」と思うことはないが、登板する状況によっては「なんでこんなところにいるんだろう」とか「打たれたらどうなるんだろう」などと考えることはある。実際、足が震えることもある。

そうした不安を払拭するためには「一日一日」の積み重ねが求められる。言い換えれば、「今日を見る」ことが大切だと私は思っている。

クローザーは、1日でも無駄にして過ごすことができないポジションである。中4日で登板する先発投手と異なり、毎試合ブルペンに入り、試合展開次第では、肩をつくり登板に備えなければならない。

実際に先発で打たれるよりも、勝敗に直接かかわるクローザーで打たれるほうが落ち込む。そのぶん、どんなピンチでもマウンドに上がってバッターを抑えると、たとえ打者ひとりの登板でも喜びはすごく大きい。

なかでも2013年のデトロイト・タイガースとのリーグ・チャンピオンシップの6試合はきつかった。しかし、そのプレッシャーを乗り越えた喜びは大きかった。

初戦は0対1とリードされた9回に登板。第2戦は8回にデビッド・オルティーズの満塁ホームランで同点に追いついたあとの9回にマウンドに上がり、第3戦は1点リードして迎えた8回、2死1、3塁という場面から。敗れた第4戦は出番がなかったが、2勝2敗で迎えた第5戦はやはり1点リードの8回ワンアウトという状況でリリーフに立った。

ワールドシリーズ進出を決めた第6戦も含めて、私は5試合に登板したわけだが、2点以上のリードを背負ってマウンドに上がったのは第6戦だけだった。

「果たして最後までもつのだろうか…」

自分でも不安になったほどだった。負ければシーズンが終わってしまうポストシーズンというサバイバルレースは、たとえ登板しなくても疲労する。毎日が精一杯で、肉体はまだしも、精神的な疲れはこれまでに体験したことのないものだった。胃がキリキリと痛んだ。

「吐きそう…」

シリーズMVPを獲得した際のインタビューで私は思わずもらしたけれど、まさしくあれは本心から出た言葉だった。

ただ、不安やプレッシャーは悪いものではない。不安があるからこそ、「準備を怠りなく」と思うことができる。不安に押し潰されるのではなく、不安こそが自分を動かすエネルギーとなりえるのだ。

次のページ
「やけくそ」と「開き直り」は異なる >



関連記事

編集部のおすすめ

元ヤクルト宮本慎也の「意識力」-意識ひとつで結果は変わる

宮本慎也(プロ野球解説者、評論家)

沢村賞投手・金子千尋の投球論 思考は才能を超える

金子千尋(プロ野球選手)

妻サッチー逝去から1年 野村克也氏が語る「残された夫のひとり暮らし」

野村克也(野球評論家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » クローザー上原浩治の「覚悟の決め方」~不安こそ力になる

×