PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「コミュ力」を上げて人間関係の悩みを解消しよう

「コミュ力」を上げて人間関係の悩みを解消しよう

2015年11月13日 公開

和田秀樹(精神科医、国際医療福祉大学大学院教授)

和田秀樹著『すぐに人間関係がラクになる本』より

仕事も人生も、悩みのタネは人間関係が9割

 仕事も人生も、悩みのタネは「人間関係が9割」といわれます。そして人間関係で行き詰まると、「周りの人はすべてのことがうまくいっているのに、自分にはいいことが起こらないになどと落ち込む場合も少なくないようです。

 精神医学の立場から言うと、人間は気分が落ち込むといろいろなことを悲観的に考え、ハイなときには楽観的にもなれるし、積極的にもなれるとされています。

 すると、イヤなことがあったり、気分が落ち込んだ際に、よけいに悲観的になり、消極的になるので、いつまでたってもイヤな気分が晴れなかったり、いいことが起こらないということが現実に生じてしまいます。

 そのときに、ものの見方を変えてみたり、人に話を聞いてもらったり、いろいろなことを試すことができれば、事態が大きく変わるのは十分ありえることです。たしかに言われてみればそうなのですが、落ち込んでいる際にはそうはいかないのが人間というものです。

 だとすると、落ち込んだり、ひどいことが起こる前から、ものの見方を柔軟にするとか、ツラいときに聞いてもらえる人間関係をつくっておいたほうが賢明でしょうし、気分が落ち込んだときに何をすればいいかを前もって決めておいたほうが、落ち込みのデフレスパイラルのようなものにはまり込まないはずです。

 本書『すぐに人間関係がラクになる本』は、最悪のように感じることがあっても明日はいいことがあるように思えるための、あるいは、実際にいいことが起こるように何かができるためのテクニックを、長年の精神科医としての経験から書き綴ったものです。

 ものの見方を、どう変えればいいのか?

 人間関係を上手に築くには、どうしたらいいのか?

 自分を動機づけるには、どうしたらいいのか?

 落ち込みや怒りの感情に、どう対処したらいいのか?

 そういうことをわたしなりに、具体的に説明しようというものです。

 「備えあれば憂いなし」といいますが、こころの問題についても同じことです。前もって準備をしておくだけで、イヤなことは続かなくなるのです。そのための一助となれば著者として幸甚この上ありません。

次のページ
「あの人とは合わない」「あの人は嫌い」という人がいるのは当たり前   >

著者紹介

和田秀樹(わだ・ひでき)

精神科医

1960年、大阪市生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック(アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニック)院長。著書に、『感情的にならない本』『自分は自分 人は人』(以上、新講社)、『不安にならない技術』(宝島社)、『心と向き合う臨床心理学』(朝日新聞出版)、『医学部にとにかく受かるための「要領」がわかる本』『すぐに、人間関係がラクになる本』(以上、PHP研究所)、『老人性うつ』『「がまん」するから老化する』(以上、PHP新書)、『うつ病は軽症のうちに治す!』『「思考の老化」をどう防ぐか』(以上、PHP文庫)など多数。

関連記事

編集部のおすすめ

うつ病を予防する3つの方法

和田秀樹 (精神科医、国際医療福祉大学大学院教授)

精神科医による「対人関係の悩み」診断

ゆうきゆう

人間関係に悩まないための「魔法の言葉」とは?

心屋仁之助(心理カウンセラー)

猫背を治せば、ビジネスも人生も変わる?

澤田大筰《巣鴨総合治療院・整骨院総院長》

お金持ちになる男と貧乏で終わる男の思考習慣

臼井由妃(株式会社健康プラザコーワ代表取締役)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「コミュ力」を上げて人間関係の悩みを解消しよう

×