ホーム » 経営・リーダー » 昼食代も会社負担!?「働きがいのある会社1位」企業の秘密のランチ

昼食代も会社負担!?「働きがいのある会社1位」企業の秘密のランチ



2018年10月23日 公開

三村真宗(株式会社コンカー代表取締役社長)

三村真宗(株式会社コンカー代表取締役社長)

<<Great Place to Work(働きがいのある会社)ランキング1位、4年連続ベストカンパニー受賞で注目を集める株式会社コンカー。その代表が三村真宗氏である。

そんな三村氏が自著『最高の働きがいの創り方』で、「選ばれる企業」を支える施策を惜しげもなく披露している。同書より、そのひとつである「ランチ=昼食」の秘策についての一節を紹介する。>>

※本稿は三村真宗 著『最高の働きがいの創り方』(技術評論社刊)より抜粋編集したものです

 

ふつうの1on1ミーティングではいい人間関係を構築するのが難しい

上司が何を考えているか、部下が何を考えているかは、コミュニケーションなしには理解はできません。「働きがい」という観点でも、コミュニケーションの活性化は極めて重要な意味を持ってきます。

それでも、コミュニケーションには難しさがあります。定期的に上司と部下の1on1ミーティングを設けても、直近の仕事の話に終始しがちで、それ以上の話になりません。「これでは、なかなかいい人間関係を構築するのは難しい」と私は感じていました。

上司との関係というのは、必ずしも業績や成績に出るものではありません。潜在化してしまうのです。だから、「周囲が気づいたときにはもう手遅れ」というようなことも起きかねない。

そこで、もう少し人と人レベルの信頼感を、上司と部下の間で醸成したいと考えるようになりました。ビジネス上の堅いトピックスだけではなく、長期の相談ごとや、仕事から離れた家族や趣味のことなど、やわらかな会話ができる場を作ることができないか、と。

そこで、私が社長を務めるコンカーでは、「ランチでコミュニケーションをとる」という方法を取り入れました。

「働きがいのある企業1位」企業のランチ施策

次のページ
オフィスと違った場所でいいフィードバックを生み出す、上司との「コミュニケーションランチ」 >



関連記事

編集部のおすすめ

「人材が流出する会社」と「ずっといたい会社」 その差を生んだ"従業員アワード"

三村真宗(株式会社コンカー代表取締役社長)

あなたのマネジメント大丈夫? モチベーションを失った若手・中堅社員の生の声

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

なぜ「やらされ職場」が生まれるのか?~魅力のない会社はさっさと潰した方がいい

青野慶久(サイボウズ代表取締役社長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー » 昼食代も会社負担!?「働きがいのある会社1位」企業の秘密のランチ

×