PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「好きなこと」だけして生きていくには

「好きなこと」だけして生きていくには

2014年12月18日 公開

心屋仁之助(心理カウンセラー)

 

豊かさを受け取ると、"ウンコ"もやってくる

 好きなことをすると、批判や非難や不安定さもやってきます。

 もし、嫌なことがやってきたら、好きなことをする豊かさを受け取るための代償だと思えばいい。

 僕たちは人から嫌われないように、批判されないように、なるべく自分を閉じて生きています。

 窓を閉じれば、虫は入ってきません。

 でもさわやかな風も入ってこない。

 さわやかな風に当たるためには、窓を開けて、虫が入ってくるのも覚悟しないといけないのです。

 この虫が何かといえば、「好きなことばかりしやがって」という批判や非難です。

 お金持ちが人の妬みや批判を覚悟しないと、お金持ちでいられないのと同じで、好きなことをして生きていこうと思ったら、「嫌な虫も来い!」という覚悟と勇気が必要です。

 逆に言えば、そうやって覚悟を決めて、自分という窓をオープンにしたからこそ、いいものもいっぱい入ってくるわけです。

 いいものも入ってくるけれど、悪いものも入ってくる。

 開いた分だけ、いろいろなものがいっぱい入ってくるというわけです。

 汚いたとえですが、ちょうど“ウンコ”だと思えばいい。

 おいしいフランス料理をたくさん食べたら、“ウンコ”がたくさん出ます。

 “ウンコ”がしたくなかったら、おいしいフランス料理を食べなければいい。

 それだけの話です。

 いっぱいたたかれたということは、いっぱい好きなことをして、いっぱい豊かさを受け取ったという証拠。

 “ウンコ”はなくてはならないものなのです。

 だからといって、“ウンコ”を床の間に飾っておけ、と言っているわけではありませんよ。

 “ウンコ”は“ウンコ”の置き場所に置いて、蓋をしておけばいい。

 そしてときどきのぞいて確認すればいいのです。

 好きなことをして生きていくためには、臭い“ウンコ”も来い!という勇気と覚悟を持ってください。

 でも大丈夫!

 “ウンコ”は臭いけれど、それがあったからといって死にはしません。

 臭いな、と思ったら、横によけて蓋をしておけばいいんです。そのうち、“肥やし”になります。

 

心屋仁之助 
(こころや・じんのすけ)

心理カウンセラー

大手企業の管理職として働いていたが、家族に起こった事件がきっかけとなり、心理療法を学び始める。それが原点となり、「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォームの匠」として活動。現在は京都を拠点として、全国各地でセミナー活動やカウンセリングスクールを運営。独自開発のその心理手法は、「本当に心が楽になる」と大評判。開業後わずか2年で毎月の予約がとりにくいほど大盛況となり、テレビ出演でも話題となる。

著書に、『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』(以上、中経出版)、『心屋仁之助のあなたは「このため」に生まれてきた』(三笠書房)などベストセラーが多数ある。

関連記事

編集部のおすすめ

毎日トクをしている人の秘密(名越康文)

名越康文(精神科医)

渡辺和子・心をこめて生きる

渡辺和子 (ノートルダム清心学園 理事長)

「なぜか好かれる人」が使っている!会話・メールの好印象な表現方法

野口 敏(グッドコミュニケーション代表取締役)・ 梶村 操(グッドコミュニケーション取締役)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「好きなこと」だけして生きていくには

×