ホーム » 生き方 » 人はなぜ、そんなに失敗を恐れるのか

人はなぜ、そんなに失敗を恐れるのか

2017年02月07日 公開

加藤諦三 《早稲田大学名誉教授、ハーバード大学客員教授》

間違った想像の世界に迷い込まないために

私たちは最初の体験が心にしみつく。

「あるものに初めて出くわしたときにある心構え(マインドセット)を作り上げて、次に同じものに再度出くわすとその心のあり方(マインドセット)に固執するというものがある。そのような心のあり方(マインドセット)はあまり考えないうちに作り上げられることから、私たちは『とらわれ』と呼んでいる(4 註)」

私たちには、一度あることを体験すると、二度目に同じ状況に遭遇したときには、最初の体験の感じ方に固執するようになるという心の傾向がある。

こうした傾向は、熟考する前に形成されてしまうものであるから、ハーヴァード大学のエレン・ランガー教授は「とらわれ」と呼んでいるのである(56註)。

一度腐ったリンゴを食べると、腐った味をリンゴと思う。

人は、事実の認識の仕方によって、その事実に影響されるのだが、その認識のされ方が極めていい加減なのである。

その人のそれまでの人生によって認識の仕方は違ってくる。それで同じ事実が違って認識される。

怖ろしいのは、「想像力の間違った使い方をしていると、悩みはますますやっかいなものになります(57註)」。

悩みの原因の一つは、間違った想像の世界に迷い込むことである。

失敗を怖れる人は、想像力の間違った使い方で、最も悪い悩みに苦しんでいる。

悩んでいる人は、どうでもいいことに目を向けて色々と悩んでいる。

失敗を怖れる人には「自分にできることをすれば良いという単純さ」がない。

「どうでもいいことばかりに目を向け、いちばん重要なところは放っておくということに、多くの不満の原因があります(5 註)」

失敗を怖れる人は、今自分は何に目を向けているかを考えてみることであろう。

※文中註
1:内沼幸雄『対人恐怖の人間学』弘文堂、1977年6月、131頁
2:デヴィッド・シーベリー『問題は解決できる』三笠書房、1984年1月、82頁
3:Marlane Miller, Brain styles, Simon & Shuster, Inc., 1997. 『ブレイン・スタイル』講談社、1998年1月
4:Ellen J. Langer, Mindfulness, Da Capo Press, 1989,加藤諦三訳『心の「とらわれ」にサヨナラする心理学』PHP研究所、2009年10月2日、47-48頁
5:premature cognitive commitments. P.47

 

※本記事は、加藤諦三著『失敗を超えることで人生は開ける』より、その一部を抜粋編集したものです。


関連記事

編集部のおすすめ

失敗しない人は、戦っていない人である

加藤諦三《早稲田大学名誉教授、ハーバード大学客員教授》

「いつも悪いことが起きる人」に共通する“親との関係”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

やなせたかしの名言 人間が一番うれしいことはなんだろう?

やなせたかし(漫画家)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 人はなぜ、そんなに失敗を恐れるのか