ホーム » 経営・リーダー » なぜ、職場の「和気あいあい」は最悪なのか

なぜ、職場の「和気あいあい」は最悪なのか

2017年03月27日 公開

小宮一慶(経営コンサルタント)

二流のリーダーは「和気あいあい」を目指す?

リーダーは社内や部内の雰囲気にも気を配る必要があります。

優れた組織には、やる気や活力に満ちた人々が集まり、互いに感化され、さらに伸びる。その逆もまたしかり、です。

組織をバスに例えれば、そのバスがどこに向かうかという方向性を決めるのもリーダーの役割ならば、そのバスの中をどういう雰囲気にするかもリーダーの大切な仕事というわけです。

では、良い組織が醸し出す雰囲気とはどんなものだと思いますか?

それは「和気あいあい」ではありません。もちろん、お互いが足を引っ張り合っているのは最悪の組織です。

しかし、「和気あいあい」とした雰囲気もダメなのです。

和気あいあいとした組織は、「内向き」になり、自分たちの和が重んじられ、「お客さま第一」ができなくなるのです。パフォーマンスも出ません。

和気あいあいとした楽しい職場を維持するには、和を乱す行為を許さないことになりがちです。

真剣に仕事をしていれば、メンバーに苦言を呈したり、メンバー同士が対立して議論をしなければならないシーンは当然出てくるものです。しかし和気あいあいを前提としていると、そんな議論にメンバーが躊躇してしまいます。「これを言うと雰囲気が悪くなるから……」などと不必要な遠慮を感じてしまう。結果として組織は成長せず、最悪の場合、クレーム隠しやコンプライアンス違反にまでつながります。内向きになり過ぎて、肝心のお客さまのほうにまったく目が向かなくなってしまうのです。 

和気あいあいを目指すチームはまた、「組織の中でもっともレベルの低い人間」に全体のペースを合わせてしまいがちです。これも怖いところです。

勘違いしてほしくないのは、これはあくまでも会社組織の場合の話だということです。

家族や地域社会ならば和気あいあいとした雰囲気のほうが断然良いですし、小さな子どもやお年寄りのペースに合わせて動くのが当たり前です。

しかし、お客さまのために商品やサービスを届けるビジネスの世界では、和気あいあいとした組織は、その目指すべき目的と正反対の行動をうながしてしまうことが少なくありません。

 

メンバーが「切磋琢磨」する職場のつくり方

小宮一慶また、実力のないリーダーであればあるほど、「和気あいあい」を目指しがちです。

なぜなら、自分の能力がないことをゆるい雰囲気の中で隠せるからです。責任の所在もぼやけるので、無能なリーダーほど和気あいあいとしている組織を望むのです。

一方、優れたリーダーが目指すのは、メンバーが「切磋琢磨」するチームです。

共に働く仲間同士で、「彼もがんばっているから、俺もがんばろう!」と刺激しあえる。もっとも実力のある人間に、周囲が追いついていこうと必死に努力する。そういう雰囲気の組織が成長しないわけがありません。

では、どうすれば「切磋琢磨」する雰囲気をつくることができるのでしょうか。

そのためには、なんといっても「外向き」な組織を目指す必要があります。

しつこいようですが、「お客さま第一」で思考と行動をあらためて統一させる。そのために「切磋琢磨」するのだ、ということをリーダーはメッセージとして伝えなければなりません。お互いに足を引っ張りあうのではなく、お客さまのためにお互いを高め合おうと伝えるわけです。そして、当然のことながら、リーダーも全力で前を走る姿勢が必要です。

もう一つのコツは、メンバーが揃って「気楽に真面目な話ができる」場をリーダーが意識的につくることです。

この「気楽に真面目な話ができる場をつくる」ことの重要性は、企業の組織風土改革を手がけるスコラ・コンサルトの創業者・柴田昌治氏が長年提唱されていることです。

日本の組織は、会議やミーティングなどで「固苦しく真面目な話をする」機会も多い。

また、飲み会などで「気楽にバカな話をする」機会も多い。ところが、「気楽に真面目な話をする」機会は非常に少ない、というのです。

年齢も役職も関係なく、自由な議論や意見交換ができる。そうした場こそが、イノベーティブな発想や、お客さまのための新たなアイデアを生む場となるのです。

そんな「気楽に真面目な話をする」機会を意識的に増やすことです。

飲みに行くまでもなく、夕方の社内で「ちょっとビールでも開けながら話そうか」でもいい。あるいは飲み会の席で「時間を区切って真面目な話をする」でもいい。稲盛和夫さんもコンパ(京セラ社内にある和室の大広間などで開催される飲み会のこと)を催した場合には、そうされているそうです。そうした場では、リーダーであるあなたが大演説などせずに、聞き役に回ることも大切です。

気楽に真面目な話を誰しも進んでしたがる―これも強い組織の共通点です。

 

※小宮一慶著『一流のリーダーの考え方 二流のリーダーの考え方』より、その一部を抜粋編集したものです。
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

小宮一慶(こみや・かずよし)

経営コンサルタント、小宮コンサルタンツ代表

1957年、大阪府生まれ。1981年、京都大学法学部を卒業後、東京銀行に入行。1986年、米国ダートマス大学経営大学院でMBAを取得。帰国後、経営戦略情報システム、M&A業務や国際コンサルティングを手がける。1993年には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。1996年、〔株〕小宮コンサルタンツを設立。『小宮一慶の1分で読む!「 日経新聞」最大活用術』(日本経済新聞出版社)など、著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

危機感を煽るのが二流のリーダー。夢を語るのが一流のリーダー

小宮一慶(経営コンサルタント)

まったく悪意なく部下をつぶす「クラッシャー上司」の実態

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

人材育成のプロが語る「リーダーに不可欠なスキル」

小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー » なぜ、職場の「和気あいあい」は最悪なのか