PHPオンライン衆知 » 書評 » 今週の7冊 : 新刊&記事掲載本

今週の7冊 : 新刊&記事掲載本

2012年01月28日 公開

当社の新刊・近刊の中から、今話題のおすすめ書籍7冊をご案内します。当サイトでも取り上げて内容の一部をご紹介した書籍も3冊取り上げています。ぜひ、ご購読ください。

 


 帝国の終焉 
「スーパーパワー」でなくなった同盟国・アメリカ

日高義樹
本体価格1,400円        

北の核の脅威が高まる! グローバリゼーションもTPPも終わる!! 日本はどうなる!? ワシントン発「新・世界秩序」の読み方。

史上最大の軍事力を背景に一大帝国として世界を動かしてきたアメリカが、莫大な財政赤字に伴う国防費の削減によって軍事力を大きく縮小しなければならなくなっている。アメリカの帝国体制が崩壊すれば、どのような変化が日本に襲いかかってくるか。
たとえば、帝国主義体制を背景にアメリカが推し進めてきたグローバリゼーションの動きが挫折してしまう。TPPは、まさにアメリカの軍事力を背景にしたアジアの自由貿易化の動きにほかならないが、アメリカの軍事力が衰退すれば、日本経済の根幹になっている自由貿易も大きな影響を受ける。
また、アメリカの軍事力のタガが外れれば、北朝鮮やイランだけでなく、シリア、スーダン、アフリカの国々までが核兵器を持ち、簡単に使う恐れがある。必然的に、日本にとっては北の核の脅威が高まってくる。アメリカの軍事力の庇護を失いつつある今、日本はどうするべきなのか。
ワシントン発「新・世界秩序」の読み方。

 


「超先進国」日本が世界を導く

日下公人
本体価格1,500円        

「想定外」という前に、想定せよ! 国債ショックの波がヨーロッパを襲うなか、日本経済を支える「国力」とそれを生かすアイデアを考える。

沈むヨーロッパ諸国、崖っぷちのアメリカ。一方、日本の政治家は無能で、復興をどのように進めたらよいか分からない。こんな光景が目に映る2012年、じつは日本が海外の羨望を浴びつつある。いや、羨望どころではない。争いや格差のない社会のつくり方について、やがて世界が教えを請いに来る、と著者は記す。
新聞や大学教授は、相も変わらず「日本の問題点」を数えあげている。それは商売のため、日本を低く見つもることで自分を偉く見せたいだけである。しかし、世界はもう日本を笑ってなどいない。われわれも欧米に憧れていない。
大衆は「日本の力」にとっくに気づいている。江戸時代の庶民は、指導者をどのように考えていたか。かつての陸軍は、下士官をどのように遇していたか。本書で記される認識は、いずれも数百年の根をもつ歴史が育てた力である。
日本が失ってはいけないもの、それは「中流」庶民の独立精神であることが、よく分かるはずである。

 


[図解]できるチームリーダーの仕事術

藤巻幸大
本体価格800円       

これからのチームリーダーに必要なこととは何か? ビジョンの描き方からチーム編成のポイント、人脈のつくり方まで、その極意を伝授!

「プロジェクトリーダーを任された。何から始めればいいの?」「部下をはじめて持つことになりました。何から教えればいいのでしょう?」……。フォーマルであれ、インフォーマルであれ、何人かの人が集まって物事を始める場合、リーダーを必要とする。しかしリーダーに求められるものは、組織によって全く異なる。だからこそ、チームリーダーは、どこででも通用する原理原則を身につけておく必要がある。
本書は、いくつもの組織でチームリーダーを務めてきた著者が、ビジョンの描き方からチーム編成のポイント、人の動かし方、リーダーに求められる資質まで、図を交えてわかりやすく解説している。
「ワクワクするようなビジョンを立てよう」「チームに勢いを与える会議の進め方」「部下が本音を言いやすい雰囲気をつくる」「飲み会では幹事役を引き受ける」「物事を真逆から考える癖をつける」……。
組織を任されたあなたが、最初に読んでおきたい一冊!

 


日本の大戦略(グランド・ストラテジー)
歴史的パワーシフトをどう乗り切るか 

山本吉宣 著/納家政嗣 著/
井上寿一 著
本体価格2,500円      

これまで世界を牽引してきた日米欧の低調が著しく、しかも新興国も安定していない。ますます混沌していく世界の中での日本の戦略を問う。

日本にはこれまで、国家としていくつかの大戦略(グランド・ストラテジー)があった。
「明治維新から第二次世界大戦」、列強に肩を並べようとした第1のサイクル。「戦後復興から経済敗戦」、ひたすら経済大国を目指した第2のサイクルである。
そして今日、もはや日本は「世界第2位の経済大国」というアイデンティティーを失っている。
先進諸国だけでなく新興国からも挑戦をうける立場となっている日本。
われわれは世界での存在感をどこに示すべきなのか? 日本の国家指針とはなにか?
次世代日本の方針を大胆に提言する!

 


<以下の3冊は、すでにコンテンツの一部を記事として掲載しています>

 

 2022―これから10年、活躍できる人の条件   

神田昌典著 
本体価格840円    

未曾有の危機を迎えた日本。だが、そんな今こそチャンスだと著者が言い切る理由とは? カリスマが初めて明かす渾身のキャリア論。

 

 


突き抜ける人材  

波頭亮著      茂木健一郎著  

本体価格800円   

アニマル・スピリッツ、深い教養、独立自尊で立つ覚悟――危機の時代に頭角を現すビジネスパーソンの凄さを、豊富なエピソードで語る。   

 

 


プロフェッショナルの働き方   

高橋俊介
本体価格800円    

「想定外変化の時代」にビジネスパーソンが生き残るためには、何が必要か。生涯プロフェッショナルのキャリアづくりを伝授する!

 

 


 

 

 


ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 書評 » 今週の7冊 : 新刊&記事掲載本

×