ホーム » 生き方 » 自業自得――末期ガンの猟師へネットユーザーが投げつけた言葉【幡野広志】

自業自得――末期ガンの猟師へネットユーザーが投げつけた言葉【幡野広志】

2018年12月04日 公開

幡野広志(写真家)

幡野広志

<<末期ガン、余命3年の宣告を受けるも、精力的に発信を続ける写真家の幡野広志氏。処女作『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』に、写真はあえて1枚しか収録しなかった。

写真ではなく、「言葉」で伝えることにこだわった本書では、息子に伝えたいこと、学んでほしいこと、教えておきたいこと、そして、いつか話したいことが綴られる。

幡野氏が本書の最後に、息子いつか話したいこととしてあげたのが、「生と死」についてだった。

モノ、動物、人の生と死に触れ、今、ガンによる余命宣告を受け「自身」の、そして「家族」の命と対峙している幡野氏が考える「命」とは。同書の一説から紹介する。>>

※本稿は幡野広志 著『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP研究所)より一部を抜粋し、編集したものです
 

どうしても命を奪うのが嫌なら、自分が生きることをやめたほうがいい。

写真 幡野広志

ガンになったとSNSで公表したら、「自業自得だ」という書き込みがあった。
僕が狩猟で動物を殺し、その肉を食べた報でガンになったというのだ。狩猟をしてもしなくても、僕たちの命は、動物の命の上に成り立っている。

菜食主義者が食べる野菜を生産する畑では、罠を仕掛けて野生動物を殺している。

「動物を殺さないで電気柵やネットで畑を守ればいいだろう」
「畑が荒らされるのは、人間が動物のすみかを奪ったからだろう」 

こんな意見もネット上で見かけたが、非難はするけど、手間とお金は出さない人の意見だと思う。

動物に近い場所で暮らす山間部の人ほど、害獣駆除など、殺すことを頼んでくる。農家の人だって、生活がかかっているのだ。

さらに僕たちは、食料だけで生きているわけではいない。物流や利便性のために高速道路を建設し、ダムをつくって動物のすみかを奪っている。
こう考えると、本だってスマホだって、間接的には命の上に成り立っている。

菜食主義者やヴィーガンのごく一部の人は、肉や魚を食べないというただそれだけで、自分が「殺さずに生きている」と信じているようで、肉をスーパーで購入したり、食べる人を殺人者と罵る。

それは独りよがりだし、見えないものを想像したり、深いところまで考えたりしていないのではないだろうか。
どうしても命を奪うのが嫌なら、自分が生きることをやめたほうがいい。

次のページ
僕たちは、命の上に成り立っている。 >



関連記事

編集部のおすすめ

末期ガンを周囲に知られて起こる「優しい虐待」【幡野広志】

幡野広志(写真家)

末期ガンの写真家が今、幼い息子に伝えておきたい「孤独の味わい」【幡野広志】

幡野広志(写真家)

「余命3年宣告」で分かった"お金 vs. 時間"の勝者【幡野広志】

幡野広志(写真家)

がんの進行で始まった夫の徘徊…死後に妻が気づいたその行動の意味

玉置妙憂(看護師・僧侶:たまおき・みょうゆう)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 自業自得――末期ガンの猟師へネットユーザーが投げつけた言葉【幡野広志】

×