PHPオンライン衆知 » 社会 » 評価も上司もない「ティール組織」が企業を成長させている現実

評価も上司もない「ティール組織」が企業を成長させている現実

2019年02月19日 公開

倉貫義人(ソニックガーデン代表)

■Lv1:自分に与えられた仕事を1人でできる

セルフマネジメントで目指す最初のレベルは、この段階です。成果の見えるひとまとまりの仕事を与えられたときに、仕事を分解したタスク一覧をつくり、タスクの順番と優先順位を決めて、時間管理をしながら仕事を終えて報告できる段階です。

かんたんにたとえると、「カレーが欲しい」という要望に「玉ねぎを切る」「肉を焼く」などと細かな手順を言わなくても、自分で材料や手順を考えて、どれくらい時間がかかるか伝え、その時間で作って提供できるという感じです。

●仕事の観点
まだ仕事を与えるマネージャーの存在は必要な段階ですが、細かく管理しなくても成果を出せるなら、それほど大きな負担にはなりません。

ただし、与えられた仕事を闇雲に始めてしまうと、途中で「どこまでできているのか」「残りはどれくらいかかるのか」が自分でもわからなくなってしまいます。

●組織の観点
「どこまでできているのか」「残りはどれくらいかかるのか」といった自分の状況を依頼者や周囲の人に伝えられるレベルです。セルフマネジメントで誤解されがちなのが「自分の仕事を自分でやればいいのだろう」というものです。

しかし、仕事はだれかに価値を届けてはじめて成立します。だから、まわりの人たちとのコミュニケーションは非常に重要です。上司や周囲の人に、自分におかれた状況を伝えることで早めに対処もできるし、相談に乗ることもできます。

●自分の観点
ちゃんと休息をとれるレベルです。つい残業をしすぎるのは、セルフマネジメントできていない証拠です。だれかが管理しないと休めないようでは、マネジメントする側の負担は大きいままです。

休息が必要なのは、身体と精神の両方です。適度に身体を休めるのは当然として、ストレスを溜め込まないように自分自身をコントロールすることも、セルフマネジメントのうちです。

次のページ
■Lv2:自分に与えられたリソースで成果を出す >

関連記事

編集部のおすすめ

「上司より部下の専門性が高い時代」 だから成長する"評価"の無い企業

倉貫義人(ソニックガーデン代表)

「人材が流出する会社」と「ずっといたい会社」 その差を生んだ"従業員アワード"

三村真宗(株式会社コンカー代表取締役社長)

あなたのマネジメント大丈夫? モチベーションを失った若手・中堅社員の生の声

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 評価も上司もない「ティール組織」が企業を成長させている現実

×