ホーム » スキルアップ » 外資系コンサルタントの「グラフ強調の黄金ルール」

外資系コンサルタントの「グラフ強調の黄金ルール」

2019年02月27日 公開

松上純一郎(ルバート代表)

個別データは「色と矢印」で強調する

グラフの中の1つのデータを強調したい場合、2種類の方法があります。1つ目がグラフの色を変更する方法、2つ目が矢印を使用する方法です。

①グラフの色を変更する
グラフの個別のデータを強調するため、左のグラフのように楕円で囲っている場合があります。
しかし、これでは見た目が美しくありません。個別のデータを強調する場合は、強調したいデータの塗りつぶしの色を変更しましょう。強調したいデータの要素を二度左クリックして選択し、右クリックします。メニューから「塗りつぶし」を選択し、色を変更します。

色による強調
 

②矢印を使用する
グラフの個別のデータを強調するには、色を変更する方法以外に、強調したいデータを矢印で示す方法があります。矢印を追加することで、見せたいデータが明確になります。矢印は、[挿入]タブから[図形]を選んで追加します。

矢印による強調

次のページ
複数データは「背景」で強調する >



関連記事

編集部のおすすめ

外資系コンサル流 パワポ資料の作成時間を大幅に短縮する技術

松上純一郎(ルバート代表)

あなたのプレゼンを劇的に変える"黄金の3原則"(成毛眞)

成毛眞(なるけ・まこと)

たった10分の校長先生の話が「苦行」だった理由 “話の長い人“にならないコツ

犬塚壮志(士教育代表取締役)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 外資系コンサルタントの「グラフ強調の黄金ルール」